simple is best ! ゴテゴテしたモノを削ぎ落し細マッチョのプロポーションが魅力的! RG ガンダム アストレイ レッドフレーム 製作

スポンサーリンク

2月はリアルグレードからバンシィが発売されます。
RGバンシィは購入予定なのですが、どの位売れるのか今からとても楽しみですね。
作る人によってまた仕上がりが違ってくるのがガンプラの面白い所。
ユニコーンガンダムで完成度はお墨付きなので、後はモノを実際に手にとってみるのが待ち遠しいです。

リアルグレードシリーズは細かいパーツが多く、少しの間組んでいないと指が上手く動かなかったりするので指を慣らすという意味合いも込めて今日はリアルグレードです。
RG ガンダムアストレイ レッドフレーム。

登場作品 機動戦士ガンダムSEED アストレイ
発売日 2015年08月08日
価格(定価) 2700円(税込)
グレード リアルグレード 1/144
組立方法 スミ入れ
製作時間 5時間半

ガンダムSEED アストレイは位置付け的には外伝という枠組みに入りますが、
オーブのMSとして本編でも少し出てきましたよね。

レッドフレームではなくM1アストレイとしてですが、量産型でしたが十分カッコいいMSだったと思います。
アストレイはレッドフレーム、ブルーフレーム、ゴールドフレーム共にリアルグレードで発売されています。
ブルーフレームだけはプレミアムバンダイからの発売でした。

バックパックは小さなモノが付いているだけのシンプルなデザインで従来のMSよりも人間に近い姿になっているのが特徴です。

ランナー数は10枚、リアルステックデカールが1枚付属。

製作時間は5時間半とRGにしては比較的早めでした。
レッドフレームはHG,MG、PGと幅広いグレードで発売されていることから比較的人気がある機体なんでしょうね。

RG ガンダムアストレイ レッドフレーム

細身で筋肉質なアスリート体系。
内部フレームのアドバンスドMSジョイントはレッドとホワイトの2色で形成されているのが驚きですよね。
半完成済みの内部フレームに更に色分けしてくるとは、恐るべしバンダイ!

バックパックは小さなモノが一つ付いているだけのシンプルなデザイン。
ストフリなんかの羽根と比べると地味目ではありますが、アストレイ レッドフレームはシンプルなの逆に良いのです。

リアルステックデカールは多めですが、1/5位が余る感じです。
もちろん好きな人は全部貼るのもアリです!

1/144サイズですがリアルグレードらしい、細かなデティールに驚きますね。

 

武器装備

可動指タイプが左右分、右手の平手、両手握り拳、ライフル持ち手1つ、サーベル持ち手左右分1つづつ。
シールド、ライフル、ガーベラ・ストレートが付属。

ビームライフルとシールドも装備してますが、どちらかというと肉弾戦が特異な機体のようです。

大きさの割にリアルグレードらしい精密感があります。

プロポーションも抜群です、劇中のガンダムも良いですが、模型として手に取る事が出来るのは嬉しいモノです。
色々な角度から見られる為、新しい発見もあります。

リアルグレードは何処まで進化していくのでしょうね。

 

白い外装だけへのスミ入れで部分塗装無しで、とても満足度の高いレッドフレームが出来上がります。

今回は白い外装へのスミ入れだけでの製作。
赤いフレームへはスミ入れしていません。
赤いフレームにスミ入れするかしないか迷いましたが、しなくても十分カッコいいと思います。
お手軽ですしね。

ビーム・ライフル

ビームライフルは少さめのサイズ。
専用の握り手があるのでポロポロ落ちないのが嬉しいですな。

ライフルのパーツ数は6パーツ。
スコープ部のクリアグリーンも別パーツで手軽に組めるのが嬉しいですね。

シールド

シールドはSEEDシリーズでいつも出てくるタイプ。
盾を見るだけでSEEDと分かる存在感があります。

ビームサーベル

ビームサーベルは両肩に格納されているタイプ。
ただプラモデルでは両肩の分と持ちて専用の分で付属しています。

ビームサーベルも握り手があるのでポロポロ落ちないです。

ガーベラ・ストレート

ガーベラ・ストレート
正に日本刀。菊一文字の文字も入っていますもんね。

スポンサーリンク


刃の部分はメッキパーツ。
豪華ですな。

アクション

相変わらずRGのパーツは細かいです。
組立中何度かパーツを落としましたが、無事発見出来たので良かったです。
1/144、これ以上小さいサイズはもう難しいんじゃないでしょうか。

アストレイはMGでブルーフレームを組んだ事がありますが、RGになりサイズが小さくなりましたが密度が上がり
パワーアップしていますね。
残るリアルグレードの弱点は強度だけですね。

リアルグレードにしては動かし易いモデルです。
バックパックが小さいというのもありますが、デザイン的に人体に近くなっているのが影響しているのかもしれませんね。

やっぱりガーベラ・ストレートが一番カッコいいですね。
レッドフレームには侍の様な雰囲気があり、好きなMSです。
オーブという国にも少し日本的な印象を受けたのは私だけでしょうか。

レッドフレームも発売から2年以上経っているとは、永い間眠らせてしまっていたモノです。

まとめ

ガンダム アストレイ レッドフレーム。
今回は白い外装だけにスミ入れで完成させましたが、お手軽な割には仕上がり的にも十分満足出来る所までいくと思います。

ゴテゴテした余計なパーツを極限まで削ぎ落したアスリート体系でレッドフレームの魅力がたっぷりと味わえるガンプラです。
ブルーフレームが一般販売だったら嬉しかったのですが。
パーツ数も少し少な目なのも組み易くて高評価。

リアルグレードの進化は何処までいくのでしょうね。
バンシィ・ノルン、トールギスと魅力的なラインナップが続くリアルグレードシリーズ、今後の展開も楽しみですね。




スポンサーリンク




2 件のコメント

  • アストレイはSEEDの外伝的位置づけでしたっけ。
    あまり詳しくは無いのですがレッド、ブルー、ゴールド共に
    未だに衰えない人気ですね。
    さすがRGといったディティールでマーキングシールも非常に細かいですね~。
    バンシィも非常に楽しみです。
    その内フェネクスも出そうですね。
    トールギスも売り上げ次第ではIIとIIIも出せそうで
    プレバンでも良いから出たら嬉しいです。

    • アストレイはMGの方だと大型ソード等が付いているので好きな人はMGを選ぶかもしれないですね。
      私はMGのブルーフレームを持っていたのでRGでレッドフレームが出たのは嬉しかったです。
      シールの方はリアルステックデカールなので枚数も多くオリジナル性が強く出ていますね。
      バンシィの方もリアルステックデカールでかなり変わりそうなので楽しみです。
      フェネクスも出そうですが最終決戦仕様のサイコフレームカラーとかも出てきそうで、バンシィだけでも何種類も出そうな気配もありますね。
      トールギスは4月予定でその次のRGも今から何が出るのか楽しみですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。