MG Hi-νガンダム ver.ka

スポンサーリンク

 

ビームライフルも映画版のニューガンダムとデザインが違いますね。

 

アクション

今回はデカールが剥がれるのが怖かったんであまり激しく動かせませんでした。

本当はMG νガンダム ver.kaと同じスタンドが付属していてファンネルもディスプレイ出来るようになってるんですよね。

アムロ最後の機体という事ですが、アニメ版が正史という事ならこちらはどういう扱いになるんでしょうね。

Hi-νガンダムがあるとナイチンゲールも欲しくなりますが、デカすぎて困るんで自粛してます。HGUCでナイチンゲールが出てくれると嬉しいのですが、それでも結構な大きさになりそうですね。

スポンサーリンク


個人的にVer.kaはデカールの関係であまり激しく動かせないです。
トップコートすれば良いと思うんですが、まあ、人それぞれですからね。

プレミアムバンダイではヘビー・ウェポンシステムも発売されている様です。
HWS装着したら物凄い迫力になりそうですね。

 

今回はここまでです。

MG Hi-νガンダム ver.ka 宇宙世紀独特の雰囲気を持ったモビルスーツで作るのも楽しいプラモデルだと思います。
特にデカールを貼り終えた時の達成感は中々のモノがあります。

まだうちにver.kaが3個積んでいるんですが、デカール貼りで躊躇してるんで手を出していない状態です。
とりあえず今は別のMGを組んでいるんでそちらに集中したい所です。

次回もMGになるかも。
ガンダム系で胸にグリーンっぽい特徴のあるパーツがあるやつです。

それではまたお会いしましょう!




スポンサーリンク




2 件のコメント

  • アムロ最後の機体

    自分も小説は読んだことはないですが
    すっかり有名な機体になっていますね~。

    是非アニメで動く姿を拝んでみたいとは思いますが
    夢のまた夢なんでしょうね(;´∀`)

    ファンネルのグラデーションはデカールになってるんでしょうか。
    以前からどうなっているのか気になっていました。

    水転写シールは自分も苦手でついつい敬遠してしまいますね。
    一度でも裂け目が入るとそこから
    ちょっとの力で更に傷口が広がっていくという悪夢。

    よくここまで綺麗に仕上げられましたね。
    本当に尊敬します(‘▽’)

    • このHi-νガンダムは初めて存在を知った時、本当に謎の機体という印象が強かったです。
      色々調べてみるとアニメが正史との事が書かれているのでベルトーチカチルドレンはパラレルワールドの様な位置付けなのかもしれないですね。

      このガンダムはゲームとかでは登場するみたいなのでゲームから存在を知った人とかもいそうですね。
      デザインもとても良いしHi-νガンダムがメインでも違和感ない位好きなガンダムです。

      ファンネルは水転写デカールでとても難しかったです。
      パーツによる色分けは無理っぽいのでこの様なシールになったんでしょうね。
      水転写じゃない方が貼り易いと思うんですが、水転写は本当に手間が掛かるし難しいので普通のシールも付けて欲しいと思います。

      私は全然難しい事が出来ないので、ファンネルに関しては塗装出来る人は塗装した方が簡単なのかもしれないですね。
      HGとかRGでこのガンダムが出たらもう一度買っても良いと思えるくらい好きになれたガンダムでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。