狩猟解禁!進化した正統派 モンスターハンターワールド プレイしてみた感想。リアルなフィールドでひと狩りいこうぜ!

スポンサーリンク

ひと狩りいこうぜ!
ゲーム好きの人なら一度は聞いた事があると思います。
そう、モンスターハンターの合言葉ともいえるあのセリフです。

その最新作であるモンスターハンターワールドが怒涛の進化を遂げて遂に発売されました。

初代モンスターハンターが2004年にPS2で発売、その後PSPでモンスターハンターポータブルが発売。
PCではモンスターハンターフロンティア、wiiでモンスターハンター3、3DSにプラットフォームを移しMH3GからMHXXまでを発売。
最近ではニンテンドースイッチでMHXXをswitchバージョンとして発売されました。

3DSに移行した時は正直、グラフィック面での進化は期待出来なくなりましたが、携帯性の良さから本体を持ち寄って遊ぶ事が可能になり、変わらない人気を博していました。
最近はマンネリ気味になり、しかもシステム的に時間が掛かる仕様になったりモンスターの挙動に関する不満もちらほら出てきていました。
私も新作が出る度に遊びましたが、最後まで遊んだのは初代とMH3とMH4の3つでした。
Gシリーズは私の場合ソロでは難しい面もあり最後までプレイできずに放置でした。

スイッチ版のMHXXも買いましたが忙しくてプレイ出来ず、やろうやろうと思っていた間にモンスターハンターワールドが発売されました。
好きな人は何百時間もプレイしている様ですね。

モンスターハンターシリーズは海外では日本の様に爆発的な人気がなかったようですが、今回のモンスターハンターワールドはグラフィックスの面で大幅な進化を遂げておりシステム面でも遊び易くなっています。

実際海外の大手レビューサイトではかなりの高得点を叩き出している様です。
販売本数がどの位になるのか、とても楽しみですね。
日本のゲームが衰退してしまった現在、このモンスターハンターワールドで巻き返す切っ掛けになるんじゃないかとすら思える勢いが感じられます。

 

ドラマティックな演出と日本語で喋るキャラクター達

今回の最新作、モンスターハンターワールドでは演出面でかなりのパワーアップがなされています。
グラフィックに洋ゲーの様な美しさを取り入れており、なんとキャラクター達が日本語で喋るのです。

今までのモンハンでは何語かとも分からないモンハン語の様な言語を一言二言、声を出す程度だったのですが日本語で話す事により理解度がより深まり多彩な表現で感情も深く読み取れます。
要するに物語が理解し易いのです。

細かい項目で自分だけのキャラクターが作成可能に!

モンスターハンターワールドでは従来のシリーズに比べてかなり細かいキャラメイクが可能になっています。
目、鼻、口、輪郭に至る所まで好きなパーツを組み合わせられるので納得のいくキャラクターを作るのに悩んでしまう事も。
実際少し進めてみて気に入らず、キャラメイクの為に何度もやり直した人もいるようです。(身長や体重等は変更出来ません)

私の場合、ゲームする時は自分の分身としてのキャラを作ってゲームでしか出来ない体験をしたいので、いつも男キャラを作りますが
むさくるしい男キャラよりも可愛い女性キャラを自分で操作したい人も結構いるでしょうね。
女性キャラも洋ゲーに多いゴリラ系というよりは、作り方次第で可愛いキャラも作れるようなので、頑張れば自分好みの美人になるでしょう。

髪型、髭はマイハウスでいつでも変更が出来ますが、肌の色、声、名前は変更が出来ません。
演出が素晴らしくなっているので結構自キャラがアップになる事が多い為、納得いくまでキャラクターを作る事をオススメします。

エリア制からシームレスに進化したフィールドマップ

今まで狩りのフィールドはエリア移動が基本でした。
少し進む度にロードを挟んでいましたが、モンスターハンターワールドではシームレスに。
これが結構快適です。その代わり最初のロードが長く感じますが、最初にデータを全部読み込んでいる様ですね。

スケールアップしたアステラという新拠点を軸に狩りを進める

今までのシリーズにも拠点がありましたが、今回の拠点はアステラという広くて立体的な構造になっています。
最初は少し迷ってしまうかも。

 

今回も食事をする事によパワーアップは健在。
アイルーたちが作ってくれるのですがグラフィックがかなり強化されていることもあり、美味しそうです。
食事は一定の時間で効果が切れてしまう為、狩りのフィールドでも食事をする事があります。
食事のメニューは特定のクエストをクリアする事で増えていく、今までと同じ様な仕様。

鍛冶屋もリアルよりなグラフィックになった事も相まって迫力があります。
彼らが丹精込めて装備を作ってくれるのでモンスターの素材集めが楽しくなります。
ベースとなる武器から強化していくのが基本。
防具も新しいグラフィックになっていて作成がとても楽しいです。
コレクションとして全部作りたくなってしまう。

アイルー達もパワーアップしたグラフィックにより、美しくなりました。
拠点の中のアイルーも存在感があります。

スポンサーリンク


 

美しくリアルになったモンスター達

序盤のモンスターですがウロコとか爬虫類独特の肌質なんかが凄くリアルになっています。
動きも細かく見ていて飽きないです。
このドスジャグラスというモンスターですが、慣れている人なら初見で倒せるんじゃないでしょうか。

武器に関しては今までと同じ種類の武器が出てくるので操作に戸惑う事もないでしょう。
コンボも同じ感覚で決まります。

ちなみにMHXXの様なスタイルと狩り技はありません。
今まで賛否両論あったようなので、嬉しく感じる人もいるのでは?

グラフィックがリアルになった事により少し恐ろしく感じる事もありますね。
目玉の動きとか、よだれがリアルで近寄り難く見えます。
おかげで狩りもヒートアップ。

PS4 proでプレイすると綺麗になる様ですね。
うちは初代PS4なのですが、買い替えはまだ先かな。
PCでも発売が予定されていますが、どうせ日本では発売しないでしょうね。
家庭用版を売りたいが為にPCで発売しても、わざわざ日本語を抜いたりしてくるのでもっとPCゲーマーも大事にしてほしい。

 

細かな調整で遊び易くなった狩り

植物等の採集はいちいちワサワサするモーションがなくなり、走りながら採集出来る様になりました。
特産物等の一部モーションが出てしまうモノもありますが、これのおかげでかなり快適に。

あとは回復薬のバンザイのモーションがなくなったのが有難い。
今までバンザイしている時に何度やられた事か。
ただ飲んでいる時にダメージ食らうと回復しないままに薬ごと無くなってしまうのが厳しい。

フィールドで装備も変更可能。
一つのクエストを終えたらそのまま、別のクエストを受ける事も出来るので快適に狩りを進められます。

 

今回有難いのが破壊できる部分や獲れる素材なんかがゲーム内で確認出来る所。
今までは結構スマホ見ながら調べて遊ぶ事もあったので嬉しいですね。

 

クエストは護衛任務なんかもあり、フィールド上にNPCが同行する事も。
クエスト中に話しかけてきたりするので、没入感アップです。

 

今回は探索感が凄いです。
もちろん釣りもあるし、天候や時間もプレイ中の変化していきます。

まだまだ序盤なのでこれからモンスターも沢山登場する事でしょう。
メインストーリーだけでも40時間以上との事。
勿論他のサイドクエストやアイテム収集を含めるとかなりの時間遊べそうです。

まとめ

正にこんなモンスターハンターがやりたかったという思いが叶ったモンスターハンターワールド。
モンスターハンターを遊んだ事のない人は勿論、経験者も新鮮な気持ちで狩りが出来るのではないでしょうか。

今回海外での成功を意識している様に感じられるので従来のシリーズよりも遊び易さを追求していますね。
ここで海外のユーザーを獲得出来れば日本のゲームもまた、昔の様に評価される時代がくるかもしれませんね。

今後、新モンスターの追加も予定しているとの事です。
モンスターハンターワールド、今後の展開も楽しみですね。




スポンサーリンク




6 件のコメント

  • MHWついに発売されましたね!
    自分も早速狩り生活にすっかり虜になっています。
    一気にスタイリッシュ化しながら過去作を上手く昇華し且つ正統進化した印象で
    事あるごとに声を上げながらプレイしております(笑
    体験版は細切れな感じでゲーム全体像が掴み辛く良さが伝わりにくかったので
    製品版に若干不安がありましたが、そんな心配はすぐに吹っ飛んでいってしまいました。
    今回初めてガンランスを選んでみたんですが
    ガードで攻撃をはじく快感が素晴らしくて楽しくて仕方ないです。
    これ一本あれば当分他のゲームはやらないだろうと思わせる
    久々の大ヒット作品といっても過言ではありません。
    まだマルチは体験していませんが
    そろそろチャレンジしてみようかなと思っています。
    因みに質問なのですがPS4のスクリーンショットをブログに載せる場合
    どのような手段でPCに送っていますか?
    自分はPS4メニュー>設定>ストレージ>スクリーンショットの中にあるファイルを
    一旦USBメモリーに移して、それをPCに刺しコピペしています。

    • モンスターハンターは3DSになってから、グラフィック面でも期待できなくなっていましたよね。
      ハードの性能上仕方なかったのかもしれないですが、今度はPS4での展開になり性能アップした分、制約も少なくなったんでしょうね。
      プレイ中に声を上げてですか、私は体も左右に動いてしまいますよw
      ストーリーも演出が凄くなっていてもう別物になっていますね。
      モンスターハンターワールドのおかげでモンハンの楽しさを再認識出来た気がします。
      私もガンランスは結構使います。武器は操虫棍と遠距離武器以外はそこそこ使える様になりました。
      今はチャージアックスが一番使い易いですね。武器が変形するので面白いです。
      アマゾンでの評価もかなり高くて、評判もいいみたいなので売上本数も楽しみですね。
      海外でも売れて盛り上がってほしいですな。グラフック的には海外受けしそうですから。
      マルチプレイの方式も今回変わってますね。有料なのでいいとは思いますが民度の方もどうなるか気になる所です。
      スクリーンショットはでゅかさんと全く同じ方法でやってますよ。
      ただサイズが大きいのでリサイズして容量抑えてアップしてますけどね。
      PS4はスクショも動画も簡単に撮れるのが良いですな。

      • 早速お返事有難うございます!
        やはり同じ方法でアップされていましたか。
        ちょっと不便ですよね~。
        もっと無線で簡単に飛ばせるようにとかならないですかね。
        それにしても色々な武器を使えるんですね。
        チャージアックスは人気有るみたいで自分も興味あります。
        今回基本的にネットワークが繋がっていてオンとオフの境がなくなっていますね。
        敷居が高い分子供が少ないため民度はそこそこ守られていると期待したいです。
        これから世界中で盛り上がってくれると嬉しいですね!

        • スクリーンショットは少し手間ではありますが、一応撮影出来ますよね。
          PS4 proだとロード時間等が短そうなのでスクリーンショットでもノーマルより早そうで、羨ましいです。
          そのうちバージョンアップでもう少し快適に出来る方法が出てきたりするかもしれないですね。
          自分の場合は一つの武器だけ使い続けていると飽きちゃうんで、属性ごとに1種類ずつ違う武器を作ったりしています。
          防具はスキルより全身同じ装備で揃える事が多いです。
          モンスターハンターみたいなマルチはいいですけど、ダークソウルとか仁王なんかの協力プレイだと殆どの人が急いで先走っていくのでゆっくり探索したい自分の場合は、あまりマルチやらないですね。
          海外でも受けそうな雰囲気なのでモンハンワールドはマルチも含めて盛り上がりそうな予感がします。
          1年位したらワールドGなんかも出そうですね。

  • こんにちは、ししまるさん。
    MHWは随分と進化しましたね。私はWiiのトライから始めて、トライG、4と三作プレイしてその後はシステムが複雑になってきたので興味が薄れていたのですが、MHWの情報を見てまたやりたいと思っている所です。ちなみに私は、硬い+ロマン+火薬=最強!という単純な理由でガンランスが大好きです。(あと、ハンター同士の切り合いでも強い)
    MHWはプレイしたいのですが、据え置きゲーム機はWiiとPS3しかない&自由時間はプラモにほとんど使っているというという状況なので、欲しいなぁと思うだけで完結しています。
    個人的に一番驚いたのはマップ移動が無くなった所ですね。リアルになった分、逃げ場がなくなった印象です笑。

    • アサギリさん、こんにちは!
      最近までのモンハンは携帯機でのリリースだったのでPS4になり画質の面でもシステム面でもかなり進化してますね。
      売り上げの方が初週でパッケージ版のみで135万本いったそうです。凄いですね、この時代にミリオンいくとは。
      アサギリさんはトライから4までの3作プレイ済でしたか!
      トライから水中に潜れるようになって凄く驚いたのを覚えています。トライ楽しかったですね。
      4から水中無くなっちゃいましたよね、好きだったので少し残念です。
      ガンランスは私も好きな武器です、メカニカルでカッコいいですよね、攻撃モーションも使い易くてよく使います。
      チャージアックスやスラッシュアックスも変形がありカッコいいですよ、きっと気に入ると思います。
      wiiとps3までですか、今から買うならPS4 proの方がいいかもしれないですね。私も欲しいのですがお金が(笑)
      マップ移動はシームレスで私も驚きました、モンスター同士で戦闘してる事もあって迫力があり面白いです。
      プラモデルも楽しいので限られた時間をどの様に使うか迷ってしまいますね、私もまだまだ作りたいプラモデルもあるので時間がもっと欲しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。