MG ガンダム F91 ver2.0の発売が決まったのでHGUC ガンダムF91 を組んでみた。予想以上に小さくてビックリ!

スポンサーリンク

MG ガンダムF91 ver.2.0の発売が先日決まったので、今日はHGUC F91を組む事にしました。
MG F91 ver2.0の方は発売日こそ決まっていませんがサンプル品まで完成しているので正式発売までそこまで日にちが掛かる事もないんじゃないでしょうか。

機動戦士ガンダムF91は1991年3月16日に公開された作品です。
ガンダム劇場公開10周年で公開されてその後はテレビシリーズも予定されていたというシリーズ。
宇宙世紀123年が舞台となり腐敗した地球連邦政府と対立するコスモ貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガードによるお話。
シーブック・アノーとセシリー・フェアチャイルドを軸にMSもシーブックのF91とセシリーのビギナ・ギナが戦場で対峙する。
当時はガンダムに全く興味がなく後にDVDで観たのですが、現在でも十分楽しめる作品だと思います。
残念ながら正式に続編が製作されなかったのは興行的にうまくいかなかった事が原因らしいですが、コミックの方で機動戦士クロスボーンガンダムとして続編が続けられました。

アニメもやっぱり商業なので成功しないと続編というモノが作れない、発表された時期もよくなかったのかもしれませんね。
クロスボーンガンダムシリーズはプラモデルの方で発売されているのが、せめてもの救いといえるのかも。

背景にはラフレシア、ビギナ・ギナも小さく見えます。
MG F91 ver2.0の発売が決まったので発売日近くに購入して積んでいた、このF91を組む事にしたというこのキット。
持っている人も沢山いると思いますが、もしよろしければご覧頂けると嬉しく思います。

HGUCなので色分けに多少難がありますね。
上級者の方なら細かい部分も余裕で塗装していくのでしょうね。
今回はスミ入れと部分塗装での仕上げになります。

ランナー数は7枚+ポリキャップとシール。
7枚といっても主に大きいサイズが3枚でほぼ3枚と言っても過言ではないでしょう。

登場作品 機動戦士ガンダムF91
発売日 2013年12月21日
価格(定価) 1296円
グレード HGUC 1/144
組立方法 スミ入れ 部分塗装 簡単フィニッシュ
製作時間 3時間半

パーツ数も少な目で3時間半という短時間で組めました。
パッケージの厚さも薄めでとても組み易いですが、部分塗装に関してはパーツが小さい事もあり難易度が高め。

 

HGUC ガンダム F91

部分塗装は全てオレンジの部分。
頭と胸のバルカン砲、フロントとリヤのスカートのオレンジ部分。
左腕のビームシールド発生装置のオレンジになります。
あとはいつもの様にスミ入れ。

左腕の部分塗装がコテコテ気味に。
イエロー系は色が乗り難くて難しい。
真っ白だったんで少し塗りましたがまあ雰囲気が出れば良いかな(笑)

頭部前後のグリーンセンサーはシール。
ヴェスパーのブルーもシールによる色分け。
この辺もMGではパーツ分けされてくるでしょうね。

F91のサイズは15.2mなので1/144サイズに縮小されるとかなり小さくなります。
この時代のMSは小型化が進んでいましたからね。
HGUCだと本当に小さく感じます。

可動範囲

腕も脚も二重関節が採用されてデザインがシンプルなので広い可動域が確保されています。
折角なのでスタンドは先日購入したアクションベース5を使用。

ここだけの話、新型アクションベース4&アクションベース5を試してみた結果、好みが分かれそうな出来だった件

2017.12.23
新型のアクションベース4とアクションベース5の記事もアップしてありますので、もしよろしければ合わせてご覧ください。

武器装備

武器類はビーム・サーベル2本とビーム・ランチャー、ビーム・シールドが付属。

ビーム・ランチャーはグレーを使って部分塗装した方がよりカッコよくなるでしょう。

差し替えパーツになりますがビームランチャーをリヤスカートにマウント。

肩の中もグレーで塗装すると良い雰囲気になりそうです。

ビーム・ライフル

ビームライフルが色分けされているのは嬉しいですね。
このサイズだと単一色モナカ割が多いですけど、3パーツからなる色分けは有難いです。

武器用の持ち手が左右分付いているので安心して保持出来るのが嬉しい所。

ビーム・シールド

この時代辺りからビームシールドが一般的になってきたようですね。
シンプルですがこれはこれでカッコいい!

ビーム・サーベル

ビームサーベルは少し外れ易いかな。

サイズが小さいのでビームサーベルも小振りですね。

ビーム・ランチャー

ビームランチャー、一年戦争時代から試作品が存在したビームバズーカの発展型。

ビームランチャーもパイプ部分をグレーで塗るともっと良くなりそう。
握り部分は可動するので持たせ易いです。

ヴェスバー

ヴェスバー
V.S.B.R ヴァリアブル・スピード・ビームライフル。
伸縮ギミックがあり遊びの幅が広がります。

頭部バルカン砲、胸部メガマシンキャノン

バルカン部分は部分塗装。
少しコテコテ気味に、サイズも小さめなのでいつもやらないので塗装は余計に難しいですな。

HGUCにも関わらず最大稼働状態の再現

頭はマスク部分を交換する事で最大稼働状態に変更可能。

スポンサーリンク


さほど硬さもなく簡単に変更可能ですね。
マスク部分は小さいので無くし易そう。

両肩のフィンを差し替えで最大稼働状態を再現。

フィンも白で淵を部分塗装するとよりアニメ版に近くなりそう。

各部のフィンを全開放する事により質量を持った残像が生成。
有名な分身ですな。

アクション

全身ではないですがコックピット周辺にサイコフレームを搭載。
サイコミュとも呼ばれるようです。

フェイスは最大稼働状態よりもこちらのバージョンの方が好きですね。
MG ガンダム F91 ver.2.0ではどのようなギミックになって来るのか、今から楽しみですね!

機動戦士ガンダムF91は「エターナルウィンド」が凄くいい曲でしたね。
森口博子さんは、今も好きですがあの曲を歌っていた時代が一番綺麗で好きでした。
挿入歌の「君を見つめて」も良いですよね。

小型MSの高性能化に失敗したアナハイムエレクトロニクスの衰退により、時代に変化が起きた時代。
F91はサナリィのMS。サナリィ(海軍戦略研究所)
後のVガンダムサナリィの旧スタッフが開発したMSなんですよね。

F91の時代でもジェガンが出てきたのは驚きました。
いつかジェガンも組んでみたいですね。

HGUC ガンダム F91
ここまでです。

まとめ

元の設定が15.2mという小型でHGUC版も1/144という事もあり従来のサイズのMSよりもかなり小さく感じます。
2013年基準ではあるのでそこまで古さは感じないです。
サイズが小さいので部分塗装が難しく感じますが、慣れている人なら問題ないでしょう。
完全な素組でも十分F91の魅力を感じられます。

MG ガンダム F91 ver.2.0の発売を前にして組んでみましたが、ver2.0への期待が高まります。
無印のMGも発売されているので予習として組んでみるのも面白いかも!

宇宙世紀シリーズの新しいガンダムがまた始まってほしいと思っているのですが、今後どうなるでしょうね。
宇宙世紀にかかわらず新しいガンダムがまた発表されても嬉しいですけどね。

ではまた次回の更新でお会いしましょう!

 




スポンサーリンク




10 件のコメント

  • Ver.2.0でハリソンマディン専用機がリリースされたら、通常のF91も3~4機は買うんですけどねぇ…
    私、密かにTwitterやってましたw
    ナンタン垢で生息しております…

    • ハリソン・マディソン機はプレバン辺りで出そうな気がしないでもないですね。
      F91の出来が良ければ是非とも欲しいMSになりそうですな。
      3~4機!F91の売れ行きが良ければ出てくれるかもしれないので期待してしまいますね。
      ガンダムF91関連も今後活発な動きをしてくれるとファンとしては嬉しいのですが。
      グラナダさんTwitterしてましたか、私もやってるんですがタイムラインが物凄い事になっていて今はもう分けが分からなくなってますw
      更新した時にツイートする位でしか使いこなせてませんが色々便利な時代になりましたね。

  • こんにちは、ししまるさん。アサギリです。
    F91はフィンなどが個性的でいいですね!私はつい最近初めて映画のF91を見たので、おおっ!って思いました(笑)。結構展開が早い映画でしたが、元々は1クールテレビシリーズで放送する予定だったけど、大人の事情で映画になったらしいですね。
    新しいMGのF91も欲しいのですが、最近パチ組モデラーを卒業し、塗装やトップコートを始めたので、自分で改造できるHGにも魅力を感じてきたので、ビルドストライク同様迷っているMSです。ただ、艶消しトップコートの加減が難しく、練習したいので好きなMSを作るのに抵抗があるんですよねぇ泣

    • アサギリさん、こんにちは!
      ガンダムF91、最近観たんですね。宇宙世紀モノはやっぱり面白いですよね。
      ファーストから世界観が上手く繋がっていて色々な所に過去作のオマージュも散りばめられてますもんね。
      F91は続編をテレビで続けて欲しかったですよね、作品が良かっただけに本当に勿体なかったと思います。
      塗装、トップコートまで行うとは凄いですね!
      カスタマイズでアサギリさんだけのオリジナルのガンプラが出来上がるので楽しさが増しますね。
      トップコートは難しいですよね、ロボットはスプレーが当たる所と当たらない所なんかも出てきそうだし私も1回だけHGで試したことがありますが、難しかったです。
      塗装改修なんかも出来る様になるとガンプラライフが益々充実しそうですな。

  • 1991年作品だったんですね。当時リアルタイムで観ました(笑
    月日の流れを感じる作品ですが
    デザインは本当に色あせないものですね~。
    この頃から宇宙世紀が小型化された機体コンセプトになって
    確かに小型高性能というのは兵器の技術進歩としては自然な流れですが
    いざプラモデルになった場合に
    正直迫力を欠いてしまうと感じ、複雑でした。
    やっぱりMGサザビーやSガンダムのような大型キットのほうが迫力がありますし
    HGでF91やVガンダム辺りを作るには相当細かくなって大変になります。
    小型化した機体は出来るだけ1/100以上で出して欲しいです。
    勿論BB戦士でも!
    それにしても小さいのに凄く細かく綺麗に仕上げましたね~。
    部分塗装でも十分の見栄えだと思います!

    • 1991年、F91の91というナンバーも何か1991年と関係あるのかななんて思ってしまいますね。
      F91をリアルタイムで観ていたとはさすがですな!
      今観てもいい作品だと思うのでテレビで続編が出なかったことが残念です。
      ZZからνガンダム時代は巨大化していったので尚更小ささに驚いてしまいます。
      MGサイズでもF91は小さそうですな。BB戦士で小型化されたら、かなり大変そう! 
      でもBB戦士のF91はデザイン的にも現代のBB戦士によく合いそうだと思います。
      調べてみたら旧キットBB戦士F91がアマゾンで5000円近くになってますね、これは新しく出してほしくなりますね。
      部分塗装は今回イエローがかなりコテコテになったのでやっぱりもう少し練習しないといけないと今回実感しました。
      MG F91 ver.2.0が発売されたら組むタイミングもなくしそうだったので今回組めて良かったです。

  • こんばんは。F91カッコイイですね。部分塗装綺麗にしてますが、マーカーでしょうか。機会があれば、使っている工具なんかもアップして頂けると参考になりますので、有り難いです。私はガンダムデビューが遅く、この作品から入っていたので、思い出深い機体です。F91は高校生の時に映画館で見ました。ジェガンが小形モビルスーツに蹴り落とされるのにビックリした記憶があります。プラモデルのGキャノンからガンタンクまでは上映前から発売されていて、力が入っていた作品でしたが、一部のファンには受け入れてもらえなかったのを覚えております。逆にアニメ誌やアニメラジオなんかでは評価高かったでしたね。余談ですが、フォーミラは当時流行していたF1 の冠からとったモノだと記憶しております。今からMG発売後のアップも楽しみにしておりますので、楽しみながら頑張って下さい。

    • こんばんは、HGUCのF91はとても小さくて組立自体は簡単でしたがスミ入れと部分塗装が細かいので難しかったです。
      使っている工具類ですか、なるほど少しでも参考になるのであれば今後アップ出来るよう考えていこうと思います。
      自分では気が付かない所が多いのでご要望もあれば出来る範囲で取り入れたいです。
      今回のF91では部分塗装はミスターホビーの「水性ホビーカラー オレンジイエローH-24」という小瓶の塗料を使用しました。
      塗る時は筆だと結構筆先が散らばってしまうので爪楊枝で塗りました。はみ出したら乾いてから爪楊枝でこすって削り取るという邪道な方法です、幻滅したら、ごめんなさい(笑)
      ガンダムF91を映画館で観たんですか、きっと凄い迫力だったでしょうね!
      ジェガンもF91の時代まで登場していたのは名機だったからかもしれませんね。
      Gキャノンとかの連邦系のMSは違和感を感じませんでしたが、クロスボーンバンガードのMSがジオンとはかなり掛け離れたデザインですもんね。モノアイじゃないのも違和感の原因のひとつかもしれないですね。
      フォーミュラはF1からとられていたとは!面白い由来ですな。
      MGのF91 ver.2.0は買う予定でいます。今からとても楽しみですね!
      いつもご覧頂きありがとうございます、少しマイペースな所もありますが頑張って更新を続けていきたいです。

  • ご返答ありがとうございました。爪楊枝はプロモデラーのオオゴシトモエさんが使う方法でもあるので、邪道ではないですよ。以前川口名人にお話しを聞いた時にプラモデルの塗装や製作に正解はなくて、本人が楽しめればそれで良いと話されていたのを思い出しました。私もガンダムマーカーの入りずらいスミ入れについては、コピックマルチライナーという水性ペンでしてますし、バーニア内部の赤は綿棒でグリグリ塗ったりしております。

    • オオゴシトモエさんですか、少しyoutubeでも見た事があります、プラモデルへのアプローチも女性的で凄いモデラーですよね。
      しかし爪楊枝使ってる事は知りませんでした。先端が細くて硬いので使い易くて使ってましたがオオゴシトモエさんが使っていると聞いてなんだか嬉しい気持ちになりました。
      プラモデルの製作方法に正解がない!川口名人の言葉、心に沁みますね。縛られない自由度から新しいアイデアが生まれるんですね。
      自由に作れるのもガンプラの魅力ですもんね。同じキットでも作る人によって仕上がりが違ってくるのも凄く面白い所ですな。
      コピックマルチライナー、初めて聞きました、使い易そうですね。ガンダムマーカーは少し太いのでスミ入れすると濃くなってしまう事がありますもんね。
      バーニアに綿棒ですか、それ凄く良いアイデアですね、今度塗る機会があったらやってみようと思います。
      本当に色々な作り方があるモノですね、やっぱりガンプラは楽しいですな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。