可愛らしくてカッコいい 本家に勝るとも劣らないぞ! BB戦士 ニューガンダムは伊達じゃない! 簡単フィニッシュで製作!

スポンサーリンク

ガンプラ プラネットではBB戦士をまだ一度も組んだ事がありませんでした。
そこで積プラを物色していた所1つだけBB戦士があったので今日はBB戦士ニューガンダムを組む事にしました。
BB戦士は組立自体はシンプルで簡単なのですが、そこそこ見栄えを考えるとどうしても部分塗装が必要になってきます。
なので部分塗装をしたのですが、やっぱり大変でした。
部分塗装と言えども私にとってはやっぱり塗装は難しくて、改めて全塗装している人達は凄いなと感じました。

一応ガンダムマーカーと100円位で買える塗料を筆塗りで塗ったのですが、もう苦戦の連続で全箇所は塗るの挫折してしまいましたが、なんとかアップロードしてもギリギリ見てもらえるんじゃないかなというレベルになったんじゃないかなと思いアップロードする事にしました。
私はまだまだ力不足なので他の人が組むガンプラには及ばないという事を前提において今回のBB戦士νガンダムを温かい目でご覧くださると幸いです。

本題に入る前に一つ、先日お問い合わせ欄からご質問がありまして返信が遅れてしまいましたがこの場でご質問の返信をさせて頂こうと思います。質問して下さった方、このページを見て下さると良いのですが、お問い合わせの方はスパムメールなんかで処理されてしまう事がありますので出来ればガンプラの質問等はコメント欄でして頂けると幸いです。

スミ入れ前にタガネやケガキ針を使用してスジ彫りをしているのかというご質問でしたが、私の場合は一切スジ彫りはしておりません。あくまでも簡単フィニッシュでカジュアル、お手軽に作って楽しむというコンセプトの基にサイトを運営しているという事もありますので、そのまま溝にガンダムマーカーでスミ入れしております。
ご質問の返事の方が遅くなってごめんなさい、参考にならない返信だったかもしれませんが、私の場合はこんな感じであります。

それではBB戦士 ニューガンダム あまり上手くないですが、さっそくいきましょう!

このキット、発売日近くに購入して積んでいました。
レシートが取ってあって見てみたら2014年とかいてあり、結構長い間眠ってしまっていたガンプラです。

塗装するとこんなにカッコよくなるんですね。
私のBB戦士νガンダムは最低限の部分塗装と色分けシールも活用しているので、この説明書見た後だとハードルが上がってしまいますが。

登場アニメ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
発売日 2014年1月31日
価格(定価) 1296円(税込)
グレード BB戦士
組立方法 スミ入れ 部分塗装 簡単フィニッシュ
製作時間 組立3時間+部分塗装2時間半

BB戦士には漫画が付いてます。
BB戦士をコレクションしている人はこれが楽しみな人もいるかもしれないですね。
ランナーは5枚+ポリキャップ、シールが2枚。

今回も背景をブラックにしてみました。
なんだか黒の方が締まる様な気がしたので、当面は黒でやってみるかもしれません。

BB戦士νガンダム

部分塗装にかなり苦戦しました。
本体の部分塗装した所は腕と腰と脚のイエローのダクト部分と拳のホワイト。
脚の両側のふくらはぎの紺色とカカトの外側のグレー、腕の肘の部分の紺色。
あとはスミ入れだけ。

使用した塗料はガンダムマーカーのガンダムグレーとガンダムイエローの2本。
あとはミスターカラーのMSグレー連邦系メタリックという塗料を筆塗りで使用。

腰と肩の一部のグレーはシール、膝のグレーもシールで補っています。
イエローとホワイトは色が乗り難くて物凄く苦手です。
もう当分の間は塗りたくなくなるくらい私にとっては難しかったです。

一部色が足りていない所もありますが、私にはこれで限界でした。
本当に塗装している人は大変なんだなと思い知らされた感じです。毎回塗装するのは凄いですね。私には無理ですな。

そこそこ部分塗装のおかげで、ちょっとは良い感じになったかな。
デフォルメされているにも関わらずカッコよさは健在、νガンダムは伊達じゃない!

可動範囲

腰は360度回り、スカートが固定なので脚なんかあまり動きませんが、驚いたのは腕。
腕は肘が曲がるという、BB戦士なのに肘が曲がるという、これにはビックリしました。

近年のBB戦士はホント進化していますね。

武器装備

武器やシールドファンネルも部分塗装しました。
ビームライフルの上部とファンネルの連結部分、シールドのダクト部分を紺色で部分塗装。

結構カッコいいと思います。
このキットはver.ka版を基にしている様ですね。
ちなみに発動モードなどのギミックはないのであしからず。

ファンネル付いていても自立可能。
しかし少し押すと後ろの仰け反ります。

バズーカは部分塗装しませんでした。
面積が大きいので諦めました。

小さいのにカッコいいですな、可愛くもあるのが、また凄い!

ギミック

小さいながらもギミックをしっかり仕込んでくる、こういう所がバンダイの良い所ですな。

ツインアイの瞳アリから瞳無しへの変更

ヘルメットを外して瞳を180度クルリと反転させて瞳無しバージョンへ何時でも変更が可能。

この瞳無しバージョンも結構カッコいいですね、可愛らしさが抜けてクールになるという感じ!

スーパーロボット大戦なんかはこの瞳無しバージョンだった様な。

シールドの裏なんかもグレーで部分塗装すると良いかもしれないですね。
ちなみにスタンドは付属してないのでBB戦士シナンジュに付属していたモノを使っています。

ファンネル発射ギミック

ファンネルは殆ど固定なのですが2つだけ発射形態へと変形が可能。
発射エフェクトも1つ付属してますが、説明書ではブルーで塗装されていますので、塗れる人は塗るとカッコよさがアップしそう!

89式ベースジャバー付属

ベースジャバーも付いてます。
塗装しないと寂しいですね。解説書ではグレーになっています。

バズーカマウント

バズーカは背中にマウント可能。

付属品一覧

ファンネル、ビームライフル、バズーカ、ビームサーベル、シールド、ファンネル発射エフェクトが付属。
台座は付いてません。

アクション

部分塗装が大変でしたが、完成したら凄くカッコ良くて満足です。
もちろん私のニューガンダムは完璧ではありませんが、自分で作ったという気持ちが何よりも嬉しいです。

ビームサーベルは真っ白です。
塗装するとなると、蛍光ピンクとかになりそうですね。

私の場合はどちらかというと瞳が付いているバージョンの方が好みです。
可愛らしいのはBB戦士らしい特権です。

スポンサーリンク


この出来だとサザビーも欲しくなります。
サザビーは部分塗装があまり必要ないと良いのですが、瞳がどうなっているのかも気になる所、リアル一つ目はさすがにないと思いますが(笑)

BB戦士は難易度が高いのでそうそう手を出せないんですよね。
個人的には年に1、2回のペースでなら頑張って手を出してみたいグレードです。

ver.ka版の様なので無印版のBB戦士も気になりますね。
作るのが難しそうですが、古いキットも素晴らしいモノが沢山ありますからね。

やっぱりνガンダムは伊達じゃありませんでした!
BB戦士になる事でまた違った魅力が出てくる素晴らしいMSです。

まとめ

BB戦士は組立自体は簡単ですが、やっぱり部分塗装が必要な所が多くて大変でした。
足りない色を補うシールが全部ではないにしろ、何枚か付属していたのが嬉しい所でした。

一番驚いたのが肘が曲がる所。
きちんとポリキャップでの関節になっているのが凄い。
ツインアイも瞳アリと瞳ナシでシールを貼りなおさずに選択できるのも嬉しいポイントです。

BB戦士は侮れない魅力を秘めている上にお値段の方も、良心的なので時間のある時にでもチャレンジしてみるのも良いですよ!

今日はここまでになります。
それではまた次回のガンプラ プラネットでお会いしましょう!




スポンサーリンク




4 件のコメント

  • おお~、今回はBB戦士なんですね!
    何だか新鮮です。
    部分塗装ということですがとても綺麗な仕上がりですね!
    撮影もとてもくっきりハッキリしていて
    凄く見やすく、参考になります。
    今回は背景色を黒にしたのですね。
    模型撮影を特集した雑誌で見たのですが
    背景色の白は玄人向けらしいです。
    黒のほうが初心者にも光源処理が楽のようで
    機材も含めて自分も今後どうしようか悩んでいます。
    それにしても本当に最近のBB戦士はデキが良いですね。
    最新キットでなくても十分楽しめるラインナップの充実振りだと
    最近気づくようになりました。

    • BB戦士、作るの難しいですがとても面白いですね!
      やっぱり塗装するのがどうしてもネックになってしまうので私の場合は沢山作るのは難しいです。
      でゅかさんは、いつも全塗りで仕上げていて本当に凄いですね。
      今回のνガンダムも色々足りない塗装部分がある状態で良しとしてしまいましたが作り込む人は凄くカッコよくなりそうですな。
      背景を黒にしてみましたが結構良い感じになったので今後は黒で少し様子をみようかなと思っています。
      ただ局地型ガンダム(北米戦仕様)みたいに黒いMSだと背景と重なるので心配ではありますが。
      白は玄人向けだったとは知りませんでした。
      私も自己流で適当にやってきたので少し勉強してみたいと思います。
      BB戦士は凄いですね。
      他のBB戦士にも興味が湧いてきてしまいました。Hi-ニューも気になっていますがサザビーも良いですな。
      少ない部品でもここまでの完成度になるのでバンダイの技術力には本当に驚いてしまいますね。
      カッコいいのが沢山あるのでまた積プラが増えない様に気を付けようと思います(笑)

  • 最近のBB戦士は昔に比べて随分と進化していますねぇ…!

    それにしても塗装…
    私も次こそは、次こそは、と思いながらも結局簡単フィニッシュのままです。

    来年の2月にはガンダムマーカーを使ったエアブラシシステムが出るのでそれで塗装デビューできればいいな….と!

    • BB戦士は組立自体は簡単ですが塗装するとなるとパーツが小さいせいもあって難しいです。
      ガンダムマーカーのエアブラシシステムですか、存在を知りませんでしたが調べてみたら凄いモノですね。
      ガンプラは塗装出来る人はした方がより楽しめますからね。
      私は部屋の中で塗料を撒き散らすのがどうしても無理なので、今後もせいぜい部分塗装までしか出来ないと思います。
      塗装デビューしたガンダムーンさんのガンプラ楽しみです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。