ここだけの話、新型アクションベース4&アクションベース5を試してみた結果、好みが分かれそうな出来だった件

スポンサーリンク

先日新しいアクセサリー系アイテムが発売されたので今日はアクションベースのアップです。
アクションベース4とアクションベース5になりますが、従来のアクションベースとは形状が少し違いますので好みに応じてチョイスするのが良いでしょう。

一応アクションベース4は1/100スケールに最適、
アクションベース5は1/144スケールに最適となっていますが一応どちらのアクションベースも公式にHG RG 1/100 MG RE/100に対応可能となっております。

アクションベース4とアクションベース5の軸の構造と可動は同じになっていますので、主にアクションベース5で進めていきます。
(アクションベース4も掲載します)

1/144スケールに最適なアクションベース5

パッケージを見ると分かりますがアクションベース5は1/144スケールに最適と書いてあります。

ランナーは2枚でとてもシンプルな構造です。
組立は20分位で終わります。
特に難しい事もないのでいつもガンプラを組んでいる人ならサクサク作れるでしょう。

ビスが無いのでドライバーが不要で組み立てられるけど、それと引き換えになくなってしまったジョイント部の横軸ロール。

今回の新型アクションベースはネジが不要です。
その分、組立は楽になりましたがデメリットもあります。

可動域はベースの部分が360度回転可能、支柱の部分は縦軸だけになります。
従来のアクションベース2はビス止めがあったので横軸ロールも可能でしたが、新型アクションベースは横軸がありません。

支柱部分は新しい形状になり、好みが分かれそう。
高さを変えるのに手間が掛かる。

支柱はロック機構がありシッカリ角度を固定可能。

上部と下部の2か所は角度をロック可能。

伸縮部分は折れ曲がった部分に3種類の支柱で固定。

ギザギザの部分に3種類の支柱をハメられるので殆どのガンプラに対応可能。
ただこの支柱をハメる形状は従来のアクションベースの方が使い易いと思います。
いちいちハメるのが少し手間です。
紛失し易そうでもあります。

豊富なジョイントパーツで殆どのガンプラに対応。
アクションベース5の股下の支えパーツは1/144のモノが付属。

アクションベース5とアクションベース4の付属ジョイントパーツは微妙に違いがあります。
アクションベース5のジョイントパーツは股下で支えるパーツが2種類でこの2種類は1/144スケール向きの支えパーツになっています。

スポンサーリンク


実際に1/144サイズのガンプラをディスプレイしてみた

1/144シリーズの股下にハメるパーツ。
2種類あって股下直下と位置が少しずらしてあるパーツ。

昔組んだHGUC Hi-νガンダムで実際にディスプレイしてみたら、安定して支えられました。

ただやっぱり支柱部分の支えパーツを入れるのに難がありますね。
小さいので指で入れるのに苦労します。

立った状態でも安定度は高いです。

浮いた状態でも安定してます。

股下の位置がズレた支えパーツ。

安定度は変わらないのでこちらは好みで使うのがいいでしょう。

新タイプのハサミ型パーツは使い易い

魂STAGE5の様な形状ですね。

緩い事もなく安定して固定できます。

HGUCサイズでもラクラク。

これ目当てで買うのもありなんじゃないかと思えるほどハサミ型は良いです。

開きも申し分ないです。

重いパーツに最適な武器やアクセサリー用の支えパーツ

1/144シリーズならあまり大きい武器はないと思いますが、武器やアクセサリー系の支えパーツも付いてます。

まあ、このHGUC Hi-νガンダムの武器には必要ないですが使うとしたらこんな感じになるんじゃないでしょうか。
ファンネル等のディスプレイにも使えそうです。

2種類付属の股下支えパーツ




スポンサーリンク




4 件のコメント

  • 今回はアクションベース特集という事で
    他ではあまりありそうで無かった記事だったので
    とても参考になりました。
    普段はあまりアクションベースまでは気に掛けてなくて
    いつも大体同じものを使っています。
    本当はもっとこだわってくると可動箇所が多いほうが
    色々ポージング付けが出来て表現力が広がりますね。
    BB戦士にも対応しているということなので
    とても興味がわきました。
    2機絡ませるために並べたりと色々使えそうです。

    • 新型のアクションベースは支柱の伸縮部分に支えパーツを入れなければいけない仕様になっていて少し扱い辛い出来になっていました。
      ただハサミ型パーツが付属しているしHGにもMG、BB戦士にも対応できるのでマイナス点ばかりではないですけどね。
      自分でも久しぶりにアクションベースを購入したので記事にしてみました。
      良い所も悪い所もありますが、用途に応じて選択するのが良さそうです。
      BB戦士に対応出来るのが自分でも予想外だったので今後BB戦士を組む時は使用しようと思います。
      1つのベースで2体飾れるのも良いですよね。
      今後のバンダイのアクセサリーアイテムも楽しみですな。

  • 新型アクションベースのレビュー、とても参考になりましたありがとうございます。MGZZガンダムver.kaとMGキュベレイMk.Ⅱ(赤・紺)を一緒にディスプレイしたいと思っていたので購入する際の指標とさせていただきます。
    新型アクションベース4、1/100サイズを2体飾れるのは良いですね。しかしながら個人的には、アクションベース3の背景ポストカードを充実させて欲しかったです。地球バックとか月面都市バックとか大気圏バックとかそういう汎用性の高い背景が欲しかったです。後は、主人公キャラバックに、作品タイトルロゴ(タンポ印刷で)入りの透明PPシートとか展開して欲しかったですね。

    • アクションベースご覧頂きありがとうございます。
      キュベレイmk2は結構大きいのでキュベレイ2体だと凄い迫力になりそうですね。
      アクションベース4は台座が3つなのでバランス面からしても安定してそうですな。
      アクションベース1には横軸ロールが元々ないのでアクションベース4でもあまり違和感は感じずに使えると思います。
      ただ高さの調整が気になりますが豊富なアタッチメントが付いているのでそれでプラスマイナスゼロという感じですね。
      アクションベース3のポストカード式は良いですね!なるほど、大気圏とか凄く良い雰囲気になりそうです、主人公の背景もかっこよくなりそう!
      ホントに背景カードを単体で発売してほしいですね。プリンターで自作なんて事も出来るとオリジナルのベースになりそうで夢が広がりますね。
      自分で組んだキットはせっかくなので少しでもいい状態で飾りたくなるものですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。