え!?MGじゃないのこれ!? とっても組み易い、RE/100 ガンダムMk-Ⅲを組んでみた!

スポンサーリンク

ガンダムベース東京がオープンになり新作RGが発表されましたね。
なんでも次のRGはジョニー・ライデン専用ザクⅡという事で予想外のMSが発表されて驚きました。
このジョニー・ライデン専用機はコミックのMSという事でジョニーライデンの帰還という外伝で登場するMSの様です。
赤いザクというとどうしてもシャアを連想してしまいますが、これまたジョニ・ーライデンも金髪でイケメンという、面白そうなお話です。
実は私はこのジョニーライデンの事を全然知らなかったので、予習も兼ねて機会があればコミックの方も読んでみたいなと、思いました。映像化されてくれれば一番良いんですけどね。

ジョニー・ライデン専用ザクⅡはパッと見サイコザクと似ていますね。
これはサイコザクもRGで出たりなんかするんじゃないかなとか、妄想が膨らんでしまいますがガンプラは何が発売されるか本当に予想がつかない所もあるので、今後の情報にも期待したい所です。

今年は9月から11月まで仕事の方がかなり忙しくなり、残業が多くなりそうなのでガンプラをどうやって組んでいこうかと今心配している所なんですが、なんとか更新の方は頑張ってしていきたいと思っています。
逆に12月からかなり暇になりそうな感じではあるのでなんとかこの3か月を乗り越えていければと思っています。

2017年9月ガンプラ新作情報 9月も魅力的なキットが登場!

2017.08.19
現在9月発売予定の新作ガンプラアップロード投票アンケートも実施していますので、もしよろしければこちらのアンケートの方もよろしくお願い致します。

今日のガンプラプラネットではRE/100シリーズから2個目のMSとなるガンダムMk-Ⅲを作ります。
これも積みプラではあるのですがそんなに寝かしていたキットではないんですよね。
購入したのは大体3か月くらい前でしょうか。
アマゾンで買い物した時に、ついでに何かガンプラを買いたいという感じで買ったモノです。
ガンダムmk3という名前からどうしてもRX系を連想してしまいますが、見た感じZ系です。
ですがZ計画に含まれているかは不明という事になっています。
そういう意味でも面白いMSなので良ければご覧頂ければなと思います。

それでは早速いきましょう。

ガンダムMk-3

MK-2と比べるともう全くと言っていい程違います。
顔がかなりZガンダムっぽくてバックパックは百式に近いシルエットになっています。
面白いMSです。実際私にとってはガンプラにならなければ知る事もなかった機体です。
ちなみにZガンダムに似てはいますが変形機構はありません。

登場アニメ 機動戦士Zガンダム MSV
発売日 2015年01月24日
価格(定価) 3780円 (税込み)
グレード RE/100 1/100
組立方法 スミ入れ簡単フィニッシュ
製作時間 7時間

ランナー数は8枚にポリキャップ1枚とカラーシールとマーキングシール。
RE/100シリーズは組み立て易さを売りとしているだけあってサクサク組む事が出来ました。
もちろん1/100サイズならではのデティールの深さも健在です。

 

RE/100 ガンダムMk -Ⅲ

ガンダムMk-Ⅲ
やっぱりZ系の様に見えますな。
肩のマーキングシールはアナハイムマーク等お好みで好きなモノをチョイス出来る様になっています。
私は縦じまを選んでみました。

色分けのシールは肩の両サイドダクトのイエローとバックパックのウイング部分のイエロー。
顔の目の下のイエローに加えて耳の部分のブラック、ボディと顔のメインカメラの蛍光グリーンになります。
耳の部分のブラックは下地がクリアパーツになっているので色が乗り難そうでした。
顔の下のイエローは塗装出来る人はした方がしっかりした表情になると思います。

大きめのバックパック。
このバックパックは色々動かしている最中に外れる事が多かったので、気になる人は接着しても良いでしょう。

1/100サイズという事もあり、かなりしっかりとしたプロポーションです。

 

可動範囲

気になった点は二の腕が回転しない所です。
肘から下は回転出来るのですが、何故このような構造にしたのかは謎です。
もしかしてコストダウンだったりして。

スポンサーリンク


脚は前後に引き出しが可能。
ですが脚を前方に動かす際に引き出しが優先されて動くのでその辺りが少しストレスに感じやすいと思います。

 

お腹は左右に捻る事が出来るので繊細な表情も可能。

 

武器装備

 

ビームライフルとシールド、ビームサーベル2本と平手2つと持ち手2つ、グーの手2つが付属。

シールドのイエローもシールになります。

バックパックのバーニア部分はグレーなんかで部分塗装すると雰囲気が良くなりそうです。

対象年齢は15歳以上になっているので顔のアンテナ部分はシャープになっています。

ビームライフル

百式及びMK-Ⅱと同型のエネルギーパックを使用可能なデュアルサプライシステムを採用。
2系統のメガ粒子キャパシタを組み合わせたビームドライブ機構を併用することで1射でエネルギーを使い果たすような運用方法も想定されている。

百式、Zガンダムのビームライフルに見た目が似ていると思います。
Z系は細めのライフルが似合いますね。

専用持ち手があるのでポロポロする事はありません。

シールド

本体と同じ装甲材組成のガンダリウム合金製。
裏側にエネルギーパックをマウントして携行する事が出来る。
ネモ系に採用されていた部材を使い機体とのバランスに配慮して設計されている。

ビームサーベルの2本はシールドにマウント。

頭部

バルカン砲の代わりにビームキャノンと連動したシーカーデバイスが搭載。
Zガンダムに採用された部材を多く使用している為、Z系の顔立ちをしている。
これは調達の問題であった為とされているが詳細は不明である。

 

ビームキャノン

バックパックから繋がっているビームキャノン。
ボールジョイントなのでアンテナを避けて動かすことが可能。
細かい角度もバッチリ。

バックパックに大容量のエネルギーCAPとアクセラレーターを組み合わせたビームレギュレーターデバイスを備え最大出力で連射しても機体がエネルギーダウンしないよう配慮されている。

ビームサーベル

ビームサーベルエフェクトは2本付属。

少し濃い目の色合いになっていますね。

バインダー&スラスター




スポンサーリンク




4 件のコメント

  • いつもアップありがとうございます。
    RE/100は自分も一回は組んでみたいと思っていて
    マークIIIは候補の中の一つでした。
    お陰でレビューがとても参考になります!
    MG並みのディテールでありながら
    関節周りに若干気になる点を含んでいるという感じなんですね。
    しかしながらコスパが素晴らしいこのシリーズ
    これからも充実して欲しいですね。

    • でゅかさん、見て下さりありがとうございます。
      そのように言ってもらえて本当に励みになります。
      ガンダムMk-ⅢはRE/100シリーズの2つ目のキットでしたよね。
      確か第一弾だナイチンゲールだったような。
      ガンダムMk-ⅢはRE/100シリーズが出るまで知らなくて実際に組んでみたらお気に入りの機体になりました。
      パッと見はMGみたいで、内部フレームが無くてシンプルなのでとても組み易いのがRE/100の特徴ですよね。
      関節は上腕部分が回らないのが少し残念な点でしたがその他に気になる点はなかったのでオススメ度の高いキットだと思います。
      RE/100はマイナーで中々お目にかかれないキットが発売される傾向があるので楽しみなシリーズですね。
      ペーネロペーなんかもいつか出してほしいなと思ったりしてます。

    • なるほど、言われてみればナイトガンダムチックですな。
      ガンダムは奥が深いです。
      Z-MSVですか、調べてみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。
    以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。

    ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。
    塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。
    老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。