HGUC Zガンダム 2017

スポンサーリンク

2017年4月22日 本日 HGUC Zガンダムが発売されましたね。

このプラモデルは以前から楽しみにしていたキットで、私が大人になってから最初に組んだのがHGUC ZガンダムとHGUC ユニコーンガンダムでした。

あれから数年の月日が経ち、新たに作り直されたZガンダムを手にできるとは思ってもいませんでした。

Zガンダムのガンプラは旧サイト(まったりガンプラ製作日記)でZガンダムver.2.0とRG Zガンダムを組みましたが、どちらもとても良く出来ていて、今も色あせないカッコよさがあると思いますが、今回のZ ガンダムがどんな感じになっているのか、その辺りが楽しみでした。

 

今回のZガンダムは名前の方がHGUC Zガンダムになっていますが、旧キットも名前が同じなので正式名称はどれがいいのでしょうね。

HGUC Zガンダム ガンプラ エヴォリューション プロジェクト
HGUC Zガンダム  revive
HGUC Zガンダム 2017
HGUC Zガンダム 新作

パッケージにはHGUC Zガンダムとだけ書いてあり右上の方にGunpla Evolution Projectと表示してあります。
どれも正解の様な気がしますが

当サイトではHGUC Zガンダム 2017と呼ぶ事にします。

 

 

HGUC Zガンダム 2017

パッケージも一段とカッコ良くなっていますね。
箱の重みも結構あり中身がギッシリ詰まっていました。

 

説明書を見るだけでも少しワクワクして早く組みたい衝動にかられます。

 

登場アニメ 機動戦士Zガンダム
発売日 2017年4月22日
価格(定価) 1944円
グレード HGUC
組立方法 スミ入れだけの簡単フィニッシュ
製作時間 約7時間

 

 

今回のランナーはポリキャップを含めると10枚。
それに色分けを補完する為のシールが入ってます。

塗装出来ない私にはとても有難いので、今後もシールは付属してもらいたいです。

 

立ち姿

今回もいつもと同じ様にスミ入れだけの仕上げです。
色が足らない所は殆どシールで補完出来ますが、少しだけ色が足らない所があるので
出来る人は部分塗装した方がもっとカッコよくなると思います。

 

シールの所は脚の三角形のオレンジ、腕と肩の青いパーツのオレンジと背中のフライングアーマーの赤。

色が足らない所はフライングアーマーの上部の所ですね。
ここはホワイトなんですが、下地が黒なので白で塗るには重ね塗りが必要になりそうです。
個人的にはここもシールが欲しかったです。

他に色の足りない所は脚の三角形でスミ入れしてある部分、ここは説明書だとオレンジになっていますね。

 

これはパッケージの横の所を撮影した写真なのですが、「HG史上最高レベルの可動!!」と書いてあります。
HGUCは元々他のグレードより動かし易いですが、今回のZガンダムは特に良く動くみたいですね。

 

可動域

腕が白いガードごと水平に動くので今までのZガンダムよりも、かなり動きます。
やはりバンダイさんの売り文句に間違いはないようですな。

スポンサーリンク


肩も左右に引き出して尚且つ前方にも引き出せるようになっているので、幅広いアクションが楽しめるようですね。

 

腕は今までのZガンダムと同じくらい良く動きますね。

あとは胴体も前後左右に動かせるので、ガシガシ遊べるんじゃないかなと思います。

 

フロントスカートは左右別々に可動するので、他のHGシリーズよりも動かし易いですね。

 

付属品

ビームライフル、シールド1つ、ビームサーベル2つにハイパーメガランチャー、あとはウェブライダー時のランディングギアと変形用の差し替えパーツとウェブライダー固定ディスプレイ用パーツ、腕に装着するグレネードランチャが2つ。

ハイパーメガランチャーが付いているのはとても嬉しいです。

 

武装させるとこんな感じ。
オーソドックスな装備ですがとてもカッコいいと思います。

シールドは色分けが出来ていないのでシールで補完されてます。
黒と赤の連結部分の赤い所とイエローの所がシールになっています。

赤い所は旧HGUCでは色分けされていたような。

 

今回のZガンダムはスタイルが更によくなっていると思います。
全体的なバランスが整っているといった印象です。

 

ビームライフル

 

ビームライフルは伸縮ギミックがあります。
この価格帯でこの再現度は本当に凄いですね。

 

 

ビームサーベルのエフェクトでロングビームサーベルも再現できるのが嬉しい所。

少し残念なのが首が襟に引っ掛かってあまり左右に動かせない所ですね。

顔のアゴの部分が襟に当たって殆ど左右に向けられない。
新しいアレンジのZガンダムなので仕方ないのかもしれないですね。

 

グレネードランチャー

 

しっかり開閉するのが、凄い。
こういう拘りが嬉しいですね。

 

ハイパーメガランチャー

今回のZガンダムは可動を売りにしているので両手持ちもなんなくこなせます。

ハイパーメガランチャーを持っても腕が下がってこないので保持力もかなり良いです。

 

こんな事出来るのも楽しいですね。




スポンサーリンク




2 件のコメント

  • やっぱりゼータはいいですね!

    自分もこのキットは気になっていましたが
    やはり新しいシリーズの第一弾だけあって
    気合が入っていて説得力があります。

    とても1/144とは思えない完成度ですね。
    RGは勿論いいですが値段と強度にちょっと不安が・・・(笑
    HGでこの出来だったらこっちを選んでしまいますね。

    とても参考になる記事で助かりました!
    その内作ってみたいと思います(‘▽’)

    • このZガンダムは差し替え変形の分とてもよく動くと思います。
      それにプロポーションも旧バージョンと少し違うのでそのあたりも楽しめました。

      RG Zガンダムはとても繊細で変形するのはとても慎重にやらないと、壊れそうでしたw
      HGUC Zガンダム 2017 の方はガシガシ動かしても全然平気なんで気兼ねなく弄り倒せますね。
      ロボ形態もカッコ良かったんですが、ウェブライダー形態の方も中々のカッコよさで、こちらの形態で飾るのもありかなとも思いました。
      Zガンダムは部品数も少し多めで作るのも楽しかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。
    以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。

    ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。
    塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。
    老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。