1/100 フルメカニクス バルバトスルプス

スポンサーリンク

鉄血のオルフェンズから主人公機 1/100 フルメカニクス バルバトスルプス

今回のガンプラはバルバトスルプスです。

先日鉄血のオルフェンズが最終回を迎えて遂に終わってしまいました。
今までのガンダムとは一味違ったガンダムの世界観を持ち、個人的にはとても面白いガンダムでした。

ガンプラの方も鉄血のオルフェンズは沢山発売されましたが、HG1/144シリーズと 1/100 シリーズの2つのシリーズで主に展開されましたね。

中でもバルバトスは多彩な形態で楽しませてくれて、プラモデルの方も同様に沢山の形態やグレードでも発売されました。
初めてアニメの放送前のバルバトスの原画を見た時は腰の辺りがやたら細くてカッコ悪いんじゃないかなと心配して今したが、実際にアニメの方を観たらとてもカッコ良くて驚いたのを今でも覚えています。
初登場シーンなんかは、カッコ良すぎてとてもテンションが上がりました。

 

バルバトスは沢山の形態がありましたが中でもバルバトスルプスはバランスが良くて個人的に一番好きな形態でした。
もちろん他の形態もカッコ良かったんですけどね。

今回のフルメカニクス バルバトスルプスは発売日に購入して組んだモノになります。
最初1/100シリーズが発売された頃はフルメカニクスという冠が付いていなかったと思いますが、フルメカニクスになってからは、アニメにはない細かいデティールが追加されて素組派の私にはとても有難いキットになりました。

外伝の方のプラモデルも発売されていて、まだまだ鉄血のオルフェンズは人気があるようですね。
出来れば最終回のその後の第3期とかやってほしいと思っていますが、どうなんでしょうかね~。

 

1/100 フルメカニクス バルバトスルプス

 

バルバトスルプスは侍の様な独特な今までのガンダムにはない雰囲気をもっていてとてもカッコいいと思います。

登場アニメ 鉄血のオルフェンズ
発売日 2016年11月19日
価格(定価) 3240円
グレード 1/100 フルメカニクス

 

ランナーは12枚、少しシールでの色分けになっていますね。
塗るのはとても大変なんでシールが付いているというのは私にとっては、とても有難いです。

 

 

ガンダムバルバトスルプス 立ち姿

 

1/100 フルメカニクス シリーズは内部骨格に外装を付けていく組み立て方になっていて、
内部構造のデティールもしっかり再現されているんですよね。
一粒で二度美味しい的な感じでしょうか。

私も昔はMGとかRGを内部フレームから組んで旧サイトにアップしていたんですが、元々はそういう組み立て方になっていなかったので少し無理があったんで、新サイトになってからは止めていますが、この1/100フルメカニクスシリーズは説明書からも内部フレームに外装を被せていくのがデフォになっているので、とても組み易いと思います。

 

色分けはMGには、かないませんがシールが付属しているのでほぼカバー出来るんじゃないでしょうか。
内部フレームの数か所にゴールドのシールを貼るのと、膝の部分のグリーンマーク、あとは肩のイエローがシールでカバーされています。

目の部分はシールじゃなくてグリーンのパーツになっています。
ガンプラは目の部分がシールになっている事が多いので、この様なデザインは有難いです。

 

しっかり作るならば背中のバックパックのグレーの部分は白での部分塗装が必要ですね。

あとは指先のホワイト。
ホワイトは重ね塗りをしないと綺麗に塗れないので私は苦手です。
なので塗っていません。

今回もいつもの様にスミ入れだけの仕上げです。

個人の好みにもよりますが、私はトップコートの質感がパサパサしていて好きじゃないのでやっていません。

 

可動域

可動の方は平均的。
無茶な事しなければ、幅広いポーズを取らせることが出来るんじゃないかと思います。
ちなみに目立ってポロポロする所も無かったですね。

 

付属品

付属品はソードメイス、200mm砲2個、平手2つにバックパック展開用のエフェクトパーツ。
ソードメイスを背中に固定するパーツが2個、ガンダムフレーム時のアンテナパーツ1つ。

 

ソードメイス

 

ソード型のメイス。
初代バルバトスはこん棒みたいなモノだったと思います。
レクスはも少しゴツくてソードとメイスを足したようなデザインだったかと。

 

背中にマウントさせるパーツがあるのでディスプレイさせるのにも安定していていいですね。

 

ルプスのソードメイスが一番バランスの良いデザインだと個人的には思いました。
シンプルというかスタイリッシュな感じとでもいいましょうか。

 

腕部200mm砲

2つ付属していて180度ひっくり返すことが出来るので展開状態と収納状態が両方再現出来ます。

 

こんな感じにしても腕が下がる事はないので、保持力は悪くないと思います。

 

鉄血のオルフェンズは実弾系の武器が多かったのでミリタリー好きの人は好きなシリーズになるかもしれないですね。

 

アクション

 

そういえば一つだけ気になった所があって首の部分のフレームパーツが顔に干渉してすぐ外れるので接着しました。
画像からは分かりにくいですね。
首を動かすときは首を上に引き伸ばして動かしました。
そこだけが残念な部分でしたね。

スタンドは股関節にハメる部分が綺麗にハマらなくて支えにくいと思いました。
説明書によると少しパーツをカットして短くした方が良いという事が書いてあり、加工した方がしっくり固定出来るかもしれないです。

背中の展開する部分は何が固定されるのか、覚えてないです(笑)

こんなシーンあったかな。

ルプスはスタイリッシュなプロポーションでかなり好きなMSです。

脳筋モビルスーツって感じがしますね。

何か羽根みたいなのが付いていたらもっとカッコよくなったりして。

平手も似合うモビルスーツだと思います。

少し有機的な生物の様な雰囲気もある機体だと思います。

顔立ちはかなり独特ですが、しっかりガンダムしてますな!

 

鉄血のオルフェンズのキットはまだ組んでいないモノが数個あるので、近いうちに組みたいと思ってます。

部分塗装するともっとカッコよくなりそうですね。
塗装は大変なんで私はやれないんですけどね。

三日月はどうなったのか、はっきり分かってない所がなんとも謎めいてます。
あの水風呂みたいなのに入れば治りそうな気もしないでもないんですけど、どうなんでしょう。

今回は鉄血のオルフェンズから1/100 フルメカニクス バルバトスルプスの記事でした。
ガンダムファンならもう既に持ってる人が多いかもしれないですね。

私のスミ入れだけの簡単フィニッシュでは、この位までが限界でしたが私の様な簡単フィニッシュでも楽しませてくれるバンダイさんは本当に凄いと思います。

ガンプラってやっぱり良いですね~!

次回は作るものは一応決めてあるんですが、新発売のやつです。
ただ今年は一応幅広いグレードのガンプラを作りたいなとは思っています。
とりあえずはまだサイト開設2か月なんで、記事数を増やしていきたいところですね。

それではまた次回、お会いしましょう!

 

スポンサーリンク








4 件のコメント

  • このシリーズはフレームだけで遊べるのが楽しいですよね!

    私はガンプラ改造出来ないけどこのフレームにジオン系の外装をくっつければ面白いだろうなぁ~なんて妄想しております。

    • 鉄血のオルフェンズ シリーズは HGも1/100も内部フレームが仕込まれているので面白いです。
      ジオンの外装を装着ですか! その発想は全くなかったので、もし出来るならとても面白そうなMSになりそうですね。

      ガンダムーンさんの発想はホントに斬新です!
      改造出来る人は無限の楽しみ方が出来るので、そういう点もガンプラの楽しみ方ですよね!

  • おお~、やっぱり1/100は迫力が違いますね!

    自分はHG1/144とBB戦士を組んだのですが
    ディティールの解像度の差が明らかです。

    この値段でMGレベルのキットを出してくれて
    本当に最近のガンプラは頑張ってくれてますね。

    番組は終わってしまいましたが
    出来れば他のフルメカニクスも引き続きリリースして欲しいです。
    キマリスヴィダール辺りは人気もあるし
    出すのではと思うのですけどね。

    ポージングも写真の綺麗さと相まって
    相変わらずきまってますね!

    次回作も楽しみにしています(‘▽’)

    • でゅかさんは1/144を組んだんですね!
      1/144もとても評判の良いキットですよね。
      私も最初ルプスの1/144を買おうと思っていたのですが、1/100が出るまでなんとか我慢してから買いました。

      フルメカニクスシリーズは中身も結構詰まっているので重量感もあって作り甲斐がありますね。
      フルメカニクス キマリスヴィダールなんかが発売されたら私も買ってしまいそうです。

      でゅかさんがレクスを組んだのを見てからカッコ良かったのでレクスも買おうか迷っている所なんですがどうしようかなw
      鉄血のオルフェンズシリーズはプラモデルとアニメも魅力的なので是非ともまだ続いて欲しいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。