RG ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ミナ

スポンサーリンク

リアルグレードシリーズの24番目のキットになる RGガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ミナを今回は進めていこうと思います。

その前に天ミナとは関係ないのですが、ついさっき鉄血のオルフェンズの最終回を観ました。なんとも悲しい様な複雑な終わり方で心に響くモノがありまだ余韻が抜けない状態です。
観てない人もいるかもしれないので、ネタばれは避けますが、とても心に刺さるモノがある物語でしたね。
ああいう終わり方になるとは最初予想外だったので悲しさもあるけど美しさもある物語だったと個人的に思いました。

物語の初期に見たバルバトスは少し微妙だと思っていたのですが、物語が進むにつれてとてもカッコよく思えてきたのは三日月の魅力もあったかもしれないです。
鉄血のオルフェンズ、時間があればもう一度最初から観たいと思います。

 

 

アマツミナに戻りますが発売日に購入してたのが、先日やっと完成しました。
私はこのガンダムの事を全く知らなかったのですが、天ミナと書いてアマツミナというらしいですね。

ガンダムSEEDの外伝に登場する機体のようです。
ブラックを基調にゴールドと赤を散りばめたカラーリング。
ゴールドの部分に関してはストライクフリーダムを連想させます。
見たところ刺々しくて悪者ガンダムの様に見えますが、正義のガンダムみたいな雰囲気もありとてもカッコいいガンダムだと思います。

パイロットはロンド・ミナ・サハク。
女性のようですね。
綺麗なお姉さんの乗るガンダムというのもいいですねぇ~。

ランナー、パーツ類

ランナーは14枚、エフェクト用のリード線2本、それにリアルステックデカールの構成。
パーツ数的にはいつものRGですが、黒のランナーはマット仕様と艶のある黒のパーツがあり少しゴージャスな雰囲気になっています。

 

一応完成したので、今回の天ミナは1回の更新で完結です。
実はまだMGオリジンガンダムとPGユニコーンガンダムの続きがあるのですが、積プラがたまっていてまだ書けないでいます。
他のキットの間に入れて更新していく予定ではあるので、もしよければそちらの記事もよろしくお願いします。

 

ガンダムアストレイ ゴールドフレーム 天ミナ 立ち姿

前回のMGプロヴィデンスの撮影が少し暗めになってしまったので、前回の撮影を反省して今回は照明を強めにしてみたのですが、少しやり過ぎたかもしれません(笑)
やっちまったかな感が少しありますが、良ければ突っ込まずにご覧頂けると嬉しいです。

 

黒がテカテカの仕上げになっているので結構ツヤツヤですね。
スミ入れに関しては今回少な目になっています。
理由はゴールドに黒のスミ入れは微妙だったからです。
一応少しやりましたが、やり過ぎない程度に抑えました。

う~ん、テカテカですね。

例えて言えばRGシナンジュの黒バージョンみたいな感じです。
RGシナンジュも作りましたがテカり具合はそんな感じですね。

 

リアルステックデカールは初期のRGに比べると減少傾向にあるように感じます。
多くても水転写じゃない普通に貼るシールなら苦にならないので個人的には問題ないです。

スポンサーリンク


 

可動域

マガノイクタチ

横に広げると結構大きくなりますね。
まだ展開ギミックがあるのですが、その辺りはもう少し下の方の記事で書きます。

水平にもなるので表現豊かなポーズも可能だと思います。
ちなみに自重で落ちてくることはない程しっかりしてます。

腕と脚はの可動域も広いですね~。
元々アストレイは動きの邪魔になる様な装甲が少ないというのもありますからね。

 

付属品

左右の平手とシールドのエフェクト、オオツノカガミ(槍)とそのエフェクトパーツ+スタンドにロンド・ミナ・サハクの人形。リード線はエフェクト様に使用する為の様です。

 

トツカノツルギ

 

腰の両側にマウントしている剣ですね。

日本的な名前がとても良いと思います。
侍とか忍者を連想させるネーミング、カッコいい!

二刀流のMS、ストフリも二刀流でしたね。
関連性があるのかなとか考えてしまいます。

テカテカのパーツはアンダーゲートになっている所が多くリタッチが必要な所は少なめでした。

 

マガノイクタチ

 

展開するとこんな感じになるんですね。
ウネウネ動きますが保持力も抜群なのでヘタりの心配は今の所ないですね。

 

武器なのか飛行時に展開するものなのか、どっちなんだろう。
武器っぽいかな。

 

ツムハノタチ

サーベルクローみたいな武器ですね。
実は今回とんでもないミスをしてしまい、破損させてしまいました。

腕の穴にツムハノタチを差し込むんですが、結構硬くて抜く時にちぎれました(笑)

ああああああぁぁぁあああぁぁぁぁ!!!




スポンサーリンク




2 件のコメント

  • おお~、かっこいいです!

    SEED外伝はノータッチだったので
    この機体は名前と見た目しか知りませんでした。

    改めてみるとSEED初期の5機の特徴が
    上手く織り込まれているのですね。

    RGだけあってグロスの高級感が写真越しに伝わってきます。
    自分もいくつかRGは作りましたが
    更に進化しているようですね。

    ただ確かに繊細なパーツ構成の為
    若干強度に不安があるのは前から垣間見れてましたが
    やってしまいましたか(;´∀`)
    接着剤で修復可能なものでまだ良かったですね。

    また自分も何かRGを作ってみたくなりました。

    • ゴールドフレーム天ミナはガンダムSEEDアストレイという外伝で登場するMSのようですね。
      私も知らなかったのですが実際に手にしてみるとカッコよくて驚きました。
      腕がブリッツのモノを移植したみたいなので、ストーリー的にも関連のあるMSの様でストーリーを見てみたいと思いました。

      RGはパーツがとても小さいのでパーツが異次元に飛んでいきそうになった事が何度もありましたが、今回も無事に組めて良かったです。
      腕の接続穴はかなりきつくなっていて、ミシミシいっていたので少し嫌な予感がしていたんですがやってしまいましたw

      天ミナは光沢のパーツ特に綺麗なプラモデルですね。
      パーツ代も高いので今後は気を付けようと思います。

      RGは密度が濃いので組むのが楽しいですね。
      サイズも大きくないのでコレクションするのにも丁度いい大きさだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。
    以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。

    ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。
    塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。
    老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。