RE/100 バウ

スポンサーリンク

待ち遠しかったゴールデンウィークも早いものでもうすぐ終わりですね。

GWだったので少し観てなかった映画なんかも観てたのですが、
今回は連休を利用して機動戦士ガンダム オリジンの2巻と3巻を観ました。

早い人は発売されてからすぐ観ると思うのですが、今になってから観る私はガンダムFANとしてもっと早く観なくてはいけませんね。

機動戦士ガンダムOrigin はテレビシリーズの以前の話が語られていて、今回観た3巻が凄く面白かったです。今まで知らなかったキャスバルからシャア アズナブルが出来上がるまでのストーリーが衝撃的でこんな風にシャアになっていったのかという驚きとシャアの冷酷さも、描写されていて凄かったです。

ジオンからの視点でストーリーが語られているのもとても面白く、連邦もジオンもどちらが悪いとは一概に言えない所も魅力的な作品ですね。

振り返ってみるとガンプラ プラネットでは今までガンダム系の機体ばかり組んできてジオン系のMSを1体も組んでいなかったので、今回はジオン系のMSを組む事にしました。

 

 

RE/100 リボーンワンハンドレッドと読むみたいです。

 

登場アニメ 機動戦士ガンダムZZ
発売日  2016年11月26日
価格(定価)  3780円
グレード RE/100
組立方法 スミ入れ 簡単フィニッシュ
製作時間 約8時間

 

ランナーは13枚に加えてシールが2つ。

 

RE/100 バウ

RE/100シリーズをガンプラプラネットではまだ1つも組んでいなかったので、今回はこのプラモデルを選びました。
機動戦士ガンダムZZで登場する機体という事ですね。

ZZはTVを観てなくてなんとなくあらすじを知っている位なので、このバウをあまり知らないのですが胴体なんかはZガンダムの様な面白い形状になっていますね。

 

RE/100 バウ 立ち姿

 

サイズは1/100
中身はMGほど複雑ではなくHG寄りではありますがパッと見はMGに近いですね。

 

スミ入れして組んだだけで部分塗装は無し。
ただ胸のダクトの黒い部分はパッケージを見るとイエローになっているので、
忠実に作りたい人はそこはイエローに塗るのがいいかもしれないですね。

 

後姿もボリューミー

プラの質感は黒とイエローとグレーの部分が最初から艶消し気味になっています。
赤の部分は標準的な質感のプラですが実際組んでみたら全体的にとても良い色だと思いました。

 

ジオン独特のモノアイ。

 

可動範囲

変形合体機構があるので、可動域が広いとは言えないかな。
腰なんかは左右には回らないし腕の曲がりは120度位まででしょうか。

脚も120度位かな。
フロントスカートは両方同時に前方に開くのとリヤスカートは固定で動かない。
左右の小さい羽根は変形もあるのでそこそこ動きますね。

武装

 

シールドとビームライフル、ビームサーベル2本

ジオンの機体はあまり組んだ事無いのですがカッコいですね。

シールドにはメガ粒子砲が5門
これメガ粒子砲だったんですね~。

 

ビームライフルはビームアサルトライフルとも呼ばれているらしいです。

二の腕にはビームサーベルがマウント。取り外し可能。

 

分離 変形

 

上半身と下半身が分離してそれぞれ変形。
上半身がバウ・アタッカー
下半身がバウ・ナッター

バウ・アタッカー

上半身分離

下半身の黒いでっぱりパーツをここの穴に固定するんですが見るだけだと分かり難いですね。

赤いノーズ部分はコックピットになるんでしょうかね。

ノーズを引き出して頭を沈める。

 

羽根を持ち上げてシールドとビームライフルを取り付ける。

腕を折りたたむのですが私は腕を一度胴体から外して変形させました。
説明書通りだと腕を外さなくても出来るのですが外した方がやり易かったです。

拳を取り外して拳の取り付け穴を反転させて、バウ・アタッカーの完成!

完全に飛行機ですな。

差し替えは無しですが拳を取り外す必要があります。

カッコいいですね。
色も赤でジオン系の匂いがプンプンします。

 

バウ・ナッター

下半身分離

結構デカいです。




スポンサーリンク




6 件のコメント

  • 私はジオン系のガンプラは感情移入しながら作っているような感じです、そして毎回失敗します。

    ガンダム系は必ずといっていいほどパーツ破損と紛失しちゃう…

    • 今回はガンダムオリジンを観た影響でジオンのMSを組んでみましたがモノアイがとてもカッコいいと思いました。
      ガンダムオリジンを観てジオンが好きな人が多いのがなんとなく分かったような気もしました。

      私はガンダム系ばかり作ってきたのでバウを組む事によってジオンのMSの魅力が味わえて良かったです。

  • バウ、かっこいいですね!

    ダブルゼータの敵側MSは本当にイイ機体ばかりで
    未だにキット化が望まれているものが多そうです。

    自分はまだREシリーズを組んだことはありませんが
    今後のラインナップにも夢が持てそうです。

    次回はハンマハンマですね。

    自分としてはバウンドドッグ、ゲーマルク、ボリノークサマーン
    辺りが出たら絶対買っちゃいそうです。

    • ガンダムZZは一度もしっかり観た事がないのですが独特のデザインでバウの存在は知っていたので作ってみたくなりました。
      ZZは大型のMSが多いみたいですが、その分迫力があっていいですよね。

      RE/100シリーズはMGで発売出来そうにない機体が出る傾向にあるみたいなので今後の発表も楽しみですね。
      ハンマハンマもサイズが凄そうですね。
      現在の技術で発売されるハンマハンマがどうなるのか、ワクワクします。

      バウンドドッグ、良いですね!
      サイズも1/100なんかで出たらデティールも凄いのが出そうですね。
      RE/100はとても面白いシリーズなので、でゅかさんに機会があれば是非ともおススメしたいシリーズです。

  • 今回はデカール貼りまで一気に完成ですね(⌒▽⌒)
    私は連邦系が好きなんですがバウは漢字や胸のインテークがZガンダムっぽくて昔から好きなMSでした。UCのフル・フロンタル専用機もあるらしいので機会があれば是非作ってみたいです。

    それにしてもHGUCに比べてもプロポーションがかっこよくなってて変形も綺麗に出来るみたいですね。本当にガンプラの技術力の進化にはいつも驚かされます。

    あっ そうそう、ししまるさん サーベルがついてるのは多分「前腕」だと思いますよ。

    • 今回は連休があったので一気に組めました。
      私も連邦のMSが好みなんですがジオン系のMSを組んでみたら中々カッコ良くて驚きました!

      胴体は本当にZガンダムに似ていて面白いですね。
      調べてみたらリバウというのがあるみたいですね、袖付きのデザインがかなりカッコいいと思いました。
      プレバン専売みたいなのが残念ではあるのですが、うちのサイトでもプレバンのキットをやってみたいと思っているのでいつか挑戦してみたいと思いました。
      変形はZガンダムほど複雑じゃないので安心して変形出来るので遊び易いです。

      サーベル付いてるの前腕でしたね、自分の中で二の腕と前腕がごっちゃになってたので間違えましたw
      中々気が付かない所まで見て下さっているんだな~って感じでなんだか逆に嬉しいですw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。