アニメじゃない!ホントの事さ!君はもう体感したか!新しく生まれ変わったMG ダブルゼータガンダム ver.kaを!!

スポンサーリンク

はい!今日のガンプラ プラネットは9月末の大型キット、MG ZZガンダム ver.kaです。
8月に行った新作ガンプラアップロードアンケートで見事1位に輝いたMG ダブルーゼータガンダム Ver.ka。
発表から発売まで結構な期間があり、公式サイトの方でも開発ドキュメントなるモノが全8回に渡り発表されて情報が少しづつ公開されてきました。
最初試作品の造形を見た時はかなりアレンジが加えられていて顔なんか別のMSなんじゃないかと思ってしまう程で実は少し不安な気持ちもありましたが開発ドキュメントが回を重ねていく毎に何か安心感の様なモノが感じられる様になり、遂に昨日発売になりました。

実際に店頭で箱を見た時の感想はかなりカッコいいというのが第一印象でした。
久しぶりのワクワク感を抑えながら無事帰宅して早速組み立てましたが、やっぱりパーツ量が多いですね。
ver.kaという事もあり予想はしていたのですが、普通のMGよりもボリューム感があり、途中で休憩入れると手が止まってしまいそうだったので一気に作りました。
合体変形ギミックが盛り込まれているという事もあり、繊細な作業が多くなるのかなとも思いましたが、説明書通り無事に完成させる事が出来たので、早速進めていこうと思います。
ちなみに水転写という事もアリかなりの時間を必要とするので今回はデカールをまだ貼っていませんが組立は一通り完成しているのでアップする事にしました。
勿論デカールも貼る予定でいるので貼ったらまた別の回にアップしようと思います。

それでは早速、MG ダブルゼータガンダム Ver.ka 見ていきましょう!

Ver.kaキャンペーンが行われており数量限定でプレミアムデカールが同封されています。
キャンペーンマークが付いているパッケージは箱の中にプレミアムデカールが入っているので貰い忘れる事はないでしょう。
ただ数量限定なので欲しい人は早めに確保しておいた方が吉です。

Ver.ka版のパッケージは毎回このカトキ立ちですね。
一発で分かるインパクトのあるパッケージ、テンションが上がります。
相変わらずバンダイは少年の心をくすぐるのが上手い。

登場アニメ 機動戦士ガンダムZZ
発売日 2017年9月23日
価格(定価) 6480円(税込)
グレード MG マスターグレード 1/100
組立方法 スミ入れ 簡単フィニッシュ
製作時間  約12時間

製作時間の大まかな感じで言うと
コアファイター2個 90分
ボディ 50分
顔 40分
両腕 150分
両脚 210分
腰 60分
バックパック 60分
武器 40分

計700分 大体11時間40分といった所です。
デカールを貼るともっと時間が上乗せされると思います。
私は組みながらスミ入れしていく方法なのでスミ入れ等しないで楽しむ方はもっと早く完成すると思います。

ランナーは17枚にポリキャップ1枚、水転写デカールが付属、初回盤はプレミアム水転写デカールも付属します。
今回もABSは使われていません、最近主流の粘り気のあるプラ素材が使用されています。
組んだばかりの時は大丈夫ですが経年劣化でどうなるのか、未知数な所であります。
それと1枚だけ、あらかじめシルバーで塗装処理されたランナーが混ざっています。
組んだ時にインパクトが出る仕掛けが施されています。

左が標準で付属の水転写デカール、右がプレミアムデカール。
プレミアムデカールを貼ろうかなと悩んでいる所ですが、ぷれみあむデカールには番号が振られていないのが少し不親切な気もしないでもないです。

プレバンでダブルガンダム Ver.ka用 強化型拡張パーツが発売される模様。
ぶっちゃけそんなに変わらない様な(笑)
パッと見だと両肩のブルーのウイングが少し盛り上がり、フロントスカートの一部が長くなっているのとリヤスカートが追加されていることくらいしか分からない。
個人的にはFAZZ位にガラリと変わる程のパンチが欲しい所です。

組んだ印象ですがカッコいいと思います。
ホントかって!?

アニメじゃない!ホントの事さ!

MG ダブルゼータガンダム ver.ka

ドーン!
めっちゃカッコいい!
試作品の時は顔が埋まり過ぎている気がしていたのですが、製品版は顔を上にかなり引き出せるのでバランスが良いです。

シルバーで塗装処理されたパーツは額のハイメガキャノンの中心の小さな点。
胸から突き出した4つの角の様なパーツ。
胸と両脚の黄色と青のダクトの中、それに肩のウイングの裏側と横の小さな穴のシルバーとバックパックの連結部分の主柱の中身に少しシルバーのパーツが仕込まれています。

バックパックの重みに耐えられるか心配ではありましたが、余裕で自立が可能。
かなりバランスも良いです。
その辺りもしっかりバンダイの職人さん達によって設計されているのでしょうね。

インパクト絶大なバックパック。
高出力MS ZZガンダムには欠かせないパーツです。

Ver.kaになり、スマートで洗練されたデザインになっています。
顔なんか特に別物に近いデザインになっていますが、ZZガンダムらしさは健在です。

 

 

可動範囲

無印版から比べるとかなり進化しています。
肩の青い羽根の様なパーツは腕を開くと連動してせり上がって来るので可動範囲の向上に繋がっています。
脚の開きはこれ位が限界ですが個人的にZZガンダムならこれ位動けばで十分だと思います。

腕も無印版は90度位まででしたが、ver.kaは進化しています。
無印版の様に腕を差し込む構造にはなっていないので腕が折れる心配はなさそうです。
ちなみに二重関節になっています。

膝も二重関節。
膝のパーツがでっかいので、どうしてもこの位が限界です。
重み上げた脚が下がってくることはないですね。

腰は合体変形があるので回りませんが肩はバックパックに少し干渉はしますが回転可能。

無印版ZZガンダムとの比較

Ver.kaの方が無印版よりも大きくなっています。
設定上はどちらが正解なんでしょう。
個人的には設定重視よりもデザイン重視の方がいいかな。

ウイングになるシールドのディティールがかなり上がっています。
ver.ka版の方は中に一枚グレーのパーツが入っていて、そのおかげで隙間からグレーが覗くので立体感が出ています。

バックパックは全長が伸びてるように感じます。
スマートになっていますね。
脚の裏側なんかもデザインがかなり違います。

上半身 ver.ka版
スマートで現代風なデザインです。

 

無印版 上半身
アニメに忠実といったところでしょうか。
こちらもこちらで良いですな。

 

 

Ver.ka版 下半身
こちらも情報量がアップしている印象。
ちなみにVer,ka版はビスを使いません。

無印版 下半身
どっしりとした下半身。
中にはビスが入っています。

やっぱり、個人的にはVer.ka版の方が好きかな。
もちろん無印版もカッコいいと思いますがどちらかというならばver.kaをオススメします。

 

MG ZZガンダム 

2017.07.23
無印版のMG ダブルゼータガンダムの記事もありますので、もしよろしければ合わせてご覧ください。

 

武器装備

手持ち武装はダブルビームライフルだけですが装備するとやっぱり迫力が出ると思います。

美しいプロポーション。
デカールを貼るとまた印象が変わりそうです。

ダブルビームライフルにもシルバーのパーツが仕込まれています。
このパーツのお陰でインパクト大です。

 

ダブルビームライフル

ダブルゼータと言えばダブルビームライフル。
武器までもがビッグサイズ。

武器専用の持ち手があるので無印版みたいに手から落ちやすいといった事はないです。

ビームサーベル

ビームサーベルも専用持ち手が付属。
差し込みタイプなので手から落ちる事はまずないでしょう。

二刀流なんてするのかな、とも思いましたがやってみました。

シールド

このシールドも無印版から比べるとかなり進化してます。
細かいモールドに加えて羽根1つで3枚のパーツ構成のになっているので立体感がアップ!

シールドもふらつくことはありません。
しっかり保持出来ています。

コックピット開閉

コアファイターのパイロットの角度はMS時とコアファイター時で向きを変えられます。
MS時は正面に向ける事も可能。

バックパックミサイル

ミサイルハッチは開閉可能。
マクロスチックな武装ですな。

ハイメガキャノン

これもZZガンダムならではの武器ですよね。
ただここから高出力ビームが出たら顔が焼けそうな気がしないでもないですが。

合体変形ギミック

ZZガンダムは合体変形ギミックがあるのは有名です。
無印版ではコアファイター、コアトップ、コアベースを合体させてZZガンダムにするという順番で記事をかいたので
こちらのMG ZZガンダム ver.kaはMS形態からG-フォートレスに変形。
それからコアファイター、コアトップ、コアベースへ分離という順番で進めます。

MS形態からGフォートレスへの変形

それでは、いざ、変形ッ!!

このままMS形態から分解しないでGフォートレスへといきます。
拳は変形用の少し小さめの拳に交換する必要があります。
普通の握りては格納しきれない為でしょう。

腕を開くと青い肩のパーツが浮き上がります。

腕の前後のカバーを開いてバーニアを回転させて露出。

青い肩のパーツを上に向けてシールドを畳む。

ダブルビームライフルを変形。

コックピット部分になります。
ハッチは開きます。

赤いコックピットハッチを開いて胸のカバーを前方にスライド。

アンテナを折りたたむ。

胸のカバーを固定。
ゼータ系特有の変形工程ですね。

変形させたダブルビームライフルを装着。

次は脚。




スポンサーリンク




10 件のコメント

  • 自分が作るなら、デカール類を貼るなら、部隊章と組織章、型番位に留めますね。元々キット自体の情報量が過多気味なので、あまりcaution(注意書)を張りすぎると胃もたれしそうなので。それくらいの方が良いアクセントになりそうです。

    • なるほど!本体のデザインに合わせてデカールの量を抑えるという事ですか。
      全体的なバランスを考えながらオリジナルの貼り方も面白いですね。
      確かにver.kaはコーションマークが多いですもんね。
      デカールの貼り方で個性が出てくるのもガンプラの魅力的なところですね。
      ver.kaはデカール量が多いので私は水転写じゃないシールが欲しいです。

      • 自分としてはHGはかけ算、MG・RE100は足し算、ver.ka引き算、PGはわり算だと考えてます。
        元のキットの情報量の多・少によって、どうディテールを追加するか、或いは押さえるかが重要なポイントだと思います。
        注意書はコックピット周辺だけに留めるというのもいいかも知れませんね。無印MGZZ、立ち姿は格好いいですね。アクションは全然ダメですがw

        • 人によって作り方が全然違うのもガンプラの面白い所ですね。
          好きな様に作るのが一番楽しいし、色々自分流に悩んだりカスタマイズするのも面白い。
          自分流でこだわりをもって楽しめるガンプラはやっぱり素晴らしいですな。
          ZZは新旧どちらにも良い面があると思うので、両方とも末永く発売してもらいたいものですね。

  • 期待以上の完成度!
    長く開発がかかっていただけあって
    とてもアレンジが的確でカッコイイですね~。
    最初見たとき頭部のハイメガキャノンの
    中央部のシルバーの発射口がちょっと違和感あるかな?
    と思っていたんですが
    こうやって改めて完成品を見直してみると
    結構アリかなと思いました。
    旧MGとの比較、とても参考になります。
    やはり圧倒的にVer.Kaのほうがカッコイイです。
    旧キットも当時の劇中のイメージに近い感じで
    どっちも良いところがあるのがいいですね。
    たくさんの写真アップお疲れ様でした!

    • MG ZZガンダムver.kaは発売まで結構な期間がありましたね。
      焦らしに焦らされての発売で買えるまで長かったと感じました。
      アレンジに関しては試作段階の時に心配な面がありましたが、それを全て吹き飛ばしてくれるほどの出来になってくれたので開発期間が長かったのも納得ですね。
      でゅかさんはハイメガキャノンの中央部分のシルバーが気になっていたんですね。
      さすが目の付け所が違いますな!ZZガンダムの特徴的なパーツでもあるので大事な所ですよね。
      私は試作段階で顔自体が別物みたいになっていて心配でしたが組んでみたら、無印よりver.kaの顔の方が好きになりました。
      カトキバージョンは小顔で脚長のモノが多いですがZZガンダムでも上手い事カトキバージョンにハマっていたと思います。
      旧ZZガンダムはアニメに近い完成度なのでver.kaとうまい事、棲み分け出来て今後とも新旧支持されて欲しい所ですね。
      写真は撮影が難しくてあまり上手くないので、もっと上手く撮れる様に頑張りたいです。

  • 無印と全然違う出来ですね…!

    ZZってあまりカッコよくないと思っていたんだけど作る人と写真の撮り方で印象が変わるんですね、
    それにしてもver.ka がここまでカッコイイとは思わなかった…!

    • ZZは見比べてみると結構変わっていてなんだか時代を感じました。
      全高も高くなっているし、バックパックも薄くなっていて変形もロック機構が追加されていたり、無印から年数が経った技術の蓄積によって出来る様になった事もある様に感じました。
      ver.kaは好きじゃない人もいると思いますが、組んでみるとギミックも中々凝っていて楽しめます。
      無印のZZガンダムもアニメ版に近いので結構好きです。
      好きな人は両方手に入れるというのもありですね!

  • こんにちは、ししまるさん。今更ながらコメントさせていただきます。
    私は今宇宙世紀シリーズを初めて見ていて、ZZのレビューはZZの登場を見た後に見ようと思ってみていませんでした。(結構設定を気にするタイプなので)
    ver.kaはとても良いですね!私は戦隊やトランスフォーマーの影響か、可変機が好きなのでとてもほしくなります。ただ、普段HGを集めているので、MGだとサイズ比較ができないですね,,, かと言ってHGとRGの両方を買うのは厳しいですし。
    以前に書いているかもしれませんが、ししまるさんは設定やサイズ比は気にするタイプですか?
    私は並べてみて「ああ、案外サイズ差あるんだな,,,」って思うのが好きですw

    • アサギリさん、こんにちは!
      宇宙世紀シリーズをを見始めているんですね、独特な雰囲気で実際に兵器として存在しそうなMSのリアルな設定とかたまらないですよね。
      ZZガンダムの合体変形シーンなんかも、とても好きです。個人的には昔の作画の方が今の作画よりもシャープな感じがして好きです。
      トランスフォーマーとか戦隊モノも立体物が沢山あるようですね、プラモデルで出たら私も欲しいですが現在は殆ど完成品で発売されているモノが多いみたいですね。。
      HGのシリーズはサイズ的には一番コレクションしやすいので私も結構持っています。(一番所持数が多いかもしれないです)
      実はHGUCのZZガンダムも持っています。旧サイトでもアップした事ないのですが色合いなんかも少し緑がかった白で差し替えでありながらも全形態再現されていて、とてもよく出来ていました。
      設定やサイズですか、機体の設定なんかは好きですね!ガンダムシリーズは特に何処で作られたとかどの様な材質だとか、かなり凝った設定がされているのでとても面白いと思います。
      サイズに関してはプラモデルが設定通りの大きさになっていなくてもプロポーションが良ければ気にしない方です。
      MG ZZガンダムに関しては無印とver.kaで大きさも違いますが、両方ともそれぞれ個性があって、どちらもお気に入りです。
      同じ世界観のガンプラを並べるのは大きさや普段見えない角度から眺められて、とても楽しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。