MG ジャスティスガンダム 製作編

スポンサーリンク

ジャスティスガンダム、機動戦士ガンダムSEEDのフリーダムガンダムのライバル的存在のMS。
2017年6月24日の昨日発売されました。

ガンダムSEEDの名機、ジャスティスガンダムがマスターグレードで発売されるという事で早速購入しましたので今日はMG ジャスティスガンダムを作っていこうと思います。
旧サイトでRGジャスティスガンダムを作った事があったので最初購入を迷っていたのですが、組んでみて買ってよかったと思える出来でした。

ボリュームがあるので今回は製作編として進めます。
一応組み立ての方は全て終わり、残るはデカール貼りがあります。
なので次回完成編としてデカールを貼り、細かい撮影をして完成という2回のアップとなります。

MG ジャスティスガンダム 完成編

2017.07.02
ししまる
デカールを貼った状態の完成編の記事もあります。デカールを貼った状態だとまた少し違った感じがあって面白いです。よろしければこちらの記事もご覧ください。

箱絵の方も、とてもカッコいいです。

 

登場アニメ 機動戦士ガンダムSEED
発売日 2017年06月24日
価格(定価) 5184円
グレード MG マスターグレード
組立方法 スミ入れ 簡単フィニッシュ
製作時間 約10時間 デカール貼り除く

 

ランナーは台座含めて16枚。
今回シールの方が3枚付属。
デカールの枚数が結構あり、貼り応えがありそうです。
見た感じRG並みのシール量です。
今回のMGジャスティスガンダムには台座が付属しているのでディスプレイするのにも安心です。
MGジャスティスはポリキャップレスになっています。

 

MG ジャスティスガンダム

RGと比べるとかなりしっかりした頑丈な作りになっています。
プラの質感は少し光沢のある材質。
MGプロヴィデンスガンダムの時の様な少し光沢感があります。
ただ光沢感が少ない方が私はスミが弾かれず入れやすいしのでその辺りが少しだけ気になりました。

台座が無いと後ろに仰け反って自立が難しかったです。
しかし頑張れば自立も可能だと思いますが、台座に乗せた方が安定します。
台座の黒い正方形のブロック部分は1つしか付属していませんが、私はうちにある台座のブロックを1つ足して立っている姿でディスプレイしています。

この背中のファトゥム-00がやっぱり重いですね。
左右についている白と黄色の尾翼ですが外れやすいので接着した方がいいかもしれません。

色分けは、ほぼ完璧ですね。
頭の角のブルーがクリアパーツにシールを貼っています。

 

 

武装装着

フリーダムガンダムと兄弟機という事でビームライフルとシールドの形状はよく似ています。

パッケージの写真では自立出来ているのでバランスをとってやれば自立も出来るかもしれません。

最新キットというだけあり、かなり良いプロポーションです。

可動域

腕は180度近く曲がります。
特に緩いと感じる事もなく安定した作りを感じます。

脚は太ももの部分の外装がスライドしていくので可動域も広めになっています。
股関節は下に引き出せる様になっています。
この股関節は他のMGでも採用されているモノを組んだ事があるのですが、緩くなると自重で下に下がってきてしまうモノもあったので、個人的には逆に無くてもいいかな、なんて思いました。

ディスプレイ用台座のジョイント部分はファトゥムの連結パーツに差し込む形なのでポーズ取らせる時の邪魔になる事はない、安定した構造になっていますね。

 

アクション その1

今回は製作編という事で、デカール貼り等が終えていない事もあり、まだ未完成な所もあるので次回の記事もよければご覧下さい。

フリーダムver.2.0も持っているんですが組んでいないので、早く組んで一緒に飾ってみたいです。

年々進化していくバンダイのプラモデルにはとても驚かせられます。

アクション その2

ファトム-00にも面白いギミックが仕込まれているのでその辺りも次回アップします。

アスランとキラの一騎打ちなんかも、もう一度観たくなります。

今回は一旦ここまでとなります。

まとめ

現代風のアレンジが効いていて、RGと比べても強度的にもかなりしっかりしてポロリするパーツも特に無し。
とてもカッコいいジャスティスガンダムです。
自立が少し難しいのが気になる点ですが台座が付属しているのでその辺りも安心できると思います。
デカールを貼るとまた印象がガラリと変わりそうです。
アニメに近いジャスティスが好きな人はデカールを貼らないという選択肢もありますので幅広く楽しめるガンプラですね。

ししまる
今回は製作編という事でまだデカール貼りを終えていない為、もう一度MGジャスティスガンダム完成編をアップします。それではまた次回の更新でお会いしましょう。

 

 

スポンサーリンク








2 件のコメント

  • ついに来ましたねMGジャスティス。
    当初どうしてMG化しなかったのか不思議でしたが
    現在ならではの技術で再構築されたため
    これはこれで好かったのかもしれません。

    自分もRG版は作りましたが
    やはりこちらのほうが
    内部フレームなど説得力のある作りになっていて
    サイズ差にはかなわないなと感じます。

    しかし確かに足の付け根のパーツ接続方法は
    自分もイマイチ好きになれませんね。
    足を引き出せてより可動範囲が広くなるのがウリのようですが
    それ以上に強度の面などで不安が残ります。

    にしてもこうやってフリーダム、ジャスティス、プロヴィデンスと
    MG3機そろい踏みしただけでも
    やはりSEEDはとても恵まれていますね。

    今度はフリーダムのレビュー期待しています(‘▽’)

    • MGジャスティスが出るのは予想していなかったのですが、フリーダム、プロヴィデンスと続いていたので
      その流れもあったのかもしれないですね。
      1/100ジャスティスと比べてみるとかなり進化が感じられて技術の進歩が感じられる
      凄いプラモデルだと思いました。

      でゅかさんもRGジャスティス作っていたとは知りませんでした。う~ん、いつか見てみたいな^^
      RGも確かに素晴らしいのですがどうしても強度的に心配な面がありますよね。
      動かす時なんかは本当に壊れないかヒヤヒヤしましたもん。
      大きい分やはり強度的にも優れている様です。安心して動かす事が出来ました。

      私も脚は引き出しタイプじゃない方が好きです。MGプロヴィデンス、MGガンダム オリジン版 MG百式ver.2.0もこの機構でしたがやっぱり自重で下がってきてしまう事があるので気になります。
      そんなに引き出す事ってないのでホントになくてもいいような気がしました。賛否両論ありそうですね。
      MGフリーダムver2.0もアレンジがかなり効いていて作るのが面白そうです。私も早く作りたいと思っています。(買ったのは発売日でずっと積んだままですw)

      こうやってMGでSEEDの新しいキットが発売されるのは、やっぱりSEED系が人気の証なんでしょうね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。