4つの羽根で大活躍!迫力満点 HGUC クシャトリヤ!

スポンサーリンク

機動戦士ガンダムUCは2006年に小説版が連載されてDVD、ブルーレイによる映像化、後にテレビでも放送されて未だに衰えぬ人気があるシリーズ。
ガンプラの方も物語が完結した現在でもユニコーンガンダムをはじめ様々なMSが未だに発売されています。

ガンダムUCに限った事ではないですが連邦とジオンという勧善懲悪ではない、どちらからの視点に立っても共感出来る部分があるとても魅力的なストーリーと絶大な人気を誇る宇宙世紀シリーズのモビルスーツの登場で何度も観たくなるような魅力的な作品です。
私はガンダムUCのプラモデルの方も沢山作ってきましたがジオン側のMSは殆ど作っていなくて未だにガンダムUC系のガンプラを数体積んでいます。
しかしガンダム系が好きな私でも、このクシャトリヤはとても魅力的なMSに映り積まずに早めに作ったガンプラでした。

今日のガンプラプラネットでアップするのはHGUCクシャトリヤになります。
既に組んでいる人も沢山いる事でしょう。
旧ブログを完結してからガンプラプラネットを始めるまでの間に作ったキットです。
サイズ的には機体設定が全高22.3mという事でMGで発売されていたらかなりの大きさになっていた事でしょう。
MGの様な精密感は望めませんがHGUCでもアニメに近めなプロポーションで私の大好きなガンプラの一つです。

では早速クシャトリヤを進めていきましょう。

HGUC クシャトリヤ
やっぱり最大の特徴は4枚羽根、4つのバインダー。
これがないとかなり寂しい機体になります。
羽根の中にはファンネルが沢山格納されている個性的なMSです。

登場アニメ 機動戦士ガンダムUC
発売日 2009年10月15日
価格(定価) 4725円(税込)
グレード HGUC 1/144
組立方法 スミ入れ 簡単フィニッシュ

ん!?2009年…..
発売から8年近くも経っているとは…..
月日が経つのが速すぎる、ついこの間の様な感じがします。

ランナーは14枚にポリキャップ1枚に加えてエングレーピングやモノアイ系のシールが付属。
HGUCにしては値段もサイズも大きめですね。

 

HGUC クシャトリヤ

オリジナルのモールドなんかは特に無し。

アニメの劇中に近いと思います。

自立は普通に出来るのが嬉しいところ。

後ろからみてもやっぱりバインダーが目立ちます。
逆にバインダーが無いと妙に寂しくなります。

色分けはかなり優秀。
胸と袖のエングレーピング、それにモノアイ、脚の横の白いラインがシールになります。

 

可動範囲

脚の開脚と捻りはソコソコいけます。
腕は肩ごと開く仕様。
これだけ動けば結構楽しめるんじゃないでしょうか。

腕は大体90度位まで、膝も90度よりもう少し曲がる位かな。
脚を前後に振るのはサイドスカートが干渉して難しい。

スポンサーリンク


腰はパイプに当たるまでは回転可能、首は殆ど動きませんね。
バインダー内のバーニアはかなり自由に角度が付けられます。

腕の前後も肩ごと回転。

ギミック

 

バインダー開閉

バインダーは閉じたり

開いたり角度はかなり自由。
おまけにロック機構まであるのでかなり安定してます。

サブ・アーム

格納状態から

展開。
ファンネルも取り外し可能。
ファンネルはディスプレイ用のアームが付属してないので個別で用意するのが良いですね。

モノアイ

モノアイは頭を外して裏からポッチをスライドさせて位置を変更可能。

武装

武装と言っても本体と別なのはビームサーベルのみ。

ビームサーベル

ビームサーベルは手首に格納出来る設定ですが、ガンプラでの再現は無し。
ちなみに収納時はビームガンとしても機能するらしいです。

 

メガ粒子砲、マシンキャノン

マシンキャノンは両サイドの小さな穴。
主に近距離戦での牽制に使用される。

メガ粒子砲は4つの黄色いデカい穴。
バインダー部と合わせて合計8門搭載、バインダーは動く為ほぼ死角無し。

ファンネル

ファンネルはキュベレイ系のモノで小型化と機能性が向上している。

サブ・アーム

簡易型のマニュピレータ。
小型ビームサーベルを内蔵しているとの事。

機体解説

NZ-666 クシャトリヤ
第一次ネオ・ジオン戦争で実戦投入されたクィン・マンサをベースとし、そのスペックを維持したまま小型化をコンセプトとして開発された機体である。

サイコフレームはコックピット周辺を中心に構造材として使用されており、機体の小型化におおいに寄与している。




スポンサーリンク




6 件のコメント

  • クシャトリヤやっぱかっこいいですね!
    UCシリーズ最初のHGUCだけあってUCといえばユニコーンの次にこれ!感があるような気がします笑
    自分もRGユニコーンに合わせて作ってみたいとは思うのですが、その大きさゆえにずっと悩んでいます^^;
    いっそのことMGででっかく出してくれたらそれ用にスペースも作って飾るのですが笑

    そういえば、ひとつ気になったのですが、ししまるさんは撮影の際に縦方向で撮ることが多いようですが、何か撮影に関してこだわりとかはあるのでしょうか?

    • クシャトリヤは何と言っても4枚の羽根が魅力的ですよね。
      あの羽根のおかげでサイズが大きくなってはいますが、広げた時の迫力はタマラナイものがあります。
      クシャトリヤはユニコーンガンダムと最初に戦闘したMSでもあるので、なんだか愛着も湧きますね。
      確かに大きいですがバインダーを閉じればMGサイズで収まると思います(笑)
      MGで出たらめっちゃデカいクシャトリヤで迫力満点でしょうね、出たら私も買ってしまうかもしれません。
      撮影が縦方向が多いのには物理的な理由がありまして、スマホで撮影しているので横にすると両サイドの壁が入ってしまうからです。
      比較的アップが多いのも両サイドの壁を入れないように撮影している為です。
      撮影用のカメラはとても高いのでスマホの限界に挑もうと日々切磋琢磨しております(笑)

  • あーコレ欲しいやつです。
    クシャトリヤとユニコーンとシナンジュで遊んだらもの凄く楽しいに決まってる!

    ヤマダ電機で箱を手に取った時にMGサイズの箱だったから「無いなぁ」と思ってたけどししまるさんの見たら凄く欲しくなってきちゃった…

    • クシャトリヤとユニコーンとシナンジュ!
      3体揃うと凄い迫力になりそうですね。
      クシャトリヤは羽根が物凄く自由に動くのですが、逆に本体の可動が狭いのが少しだけ残念な所でした。
      それでもギミックも沢山あって十分楽しめるのでオススメですよ。
      箱は本当にMG並みですね。中身もギッシリで買った時のワクワク感も凄かった記憶があります。
      思い切ってガンダムーンさんもクシャトリヤで冒険に出かけるのはどうですか。

  • このサイズでHGですか。
    MAと言える程の迫力ですね。
    1/144ユニコーンと並んだ写真があると一層大きさが
    分かりやすかったかもとか思いますが
    撮影スペースに入り切らなさそうですね(;´∀`)
    MGは厳しいかもしれないけど
    RE/100ならば可能性があるかも?
    出たらどのくらいの大きさになるか想像つきませんね。

    • MA、本当にそんな感じすらする大きさのHGUCクシャトリヤですね。
      一応PG1/60までなら撮影出来ているので、工夫すればなんとか2体出来る可能性もなくはないかもしれないですw
      HGUCのクシャトリヤはRGとかの様に独特のアレンジがないので、アニメ版のクシャトリヤが好きな人は特にお気に入りになりそうな感じがしました。
      UCのMSは魅力的なものが多いので、まだまだ今後のラインナップが気になります。
      MGが出たら買ってしまいそうですが、出ない可能性がないとは言えないのがガンプラですから、今後のUC関連のガンプラも期待が出来るかもしれないですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。
    以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。

    ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。
    塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。
    老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。