HGUC ブルーディスティニー 1号機 EXAM

スポンサーリンク

いよいよ8月になりましたね。
8月は面白そうなガンプラが沢山あります。
そこで全部のガンプラを組むのは時間的にも難しいという事から先月、8月の新作ガンプラの中からアンケートを取りその結果からアップロードするガンプラを決めるという試みを行いました。
アンケートの方に投票して下さり、本当にありがとうございます。
最初1票も入らないんじゃないかなと思っていたのですが予想よりも沢山投票して貰えてとてもテンションが上がりました。
今後は私の好きなガンプラだけでなく、需要のあるキットも組んでいく事が出来る様に頑張ります。
アンケート結果が出ましたので、早速結果の方を記載しようと思います。

2017年8月新作ガンプラ アップロード投票アンケート

  • RG ユニコーンガンダム (42%, 35 Votes)
  • HGUC ブルーディスティニー1号機 (25%, 21 Votes)
  • HGBF はいぱーギャン子 (23%, 19 Votes)
  • HGBF GM/GM (5%, 4 Votes)
  • HGBF 忍パルスガンダム (4%, 3 Votes)
  • HGBF 新登場ガンダム (1%, 1 Votes)

Total Voters: 83

読み込み中 ... 読み込み中 ...

1位がRG ユニコーンガンダム
2位がHGUC ブルーディスティニー1号機
3位がHGBF はいぱーギャン子
色々な新作キットにも興味がある方がいるんだな~という事が分かりとても参考になりました。

2位と3位の順位が僅差と言ってもいいくらいでして、この辺りの順位も面白い結果になりました。
今月はお盆休みがあるというのとボーナスもあったので少しガンプラにまわせる資金もあるのでアンケート結果による1位のRGユニコーンガンダムと2位のHGUCブルーディスティニー1号機の2つのガンプラを組む事にしました。
投票して下さり誠にありがとうございました。

RGユニコーンガンダムとHGUCブルーディスティニー1号機の発売日が同じで今回2つ同時に購入したのですが、私は土曜日も仕事してるので1日でRGユニコーンガンダムを組んでアップロードする事が難しいという判断に至り今回は組み立て時間の短い2位のHGUCブルーディスティニー1号機を先にアップロードすることにしました。
RGユニコーンガンダムの箱を開けたら結構パーツ量がありシールも沢山、そして私はスミ入れしながら作るので少し時間が掛かるというのと、無理して急いで組んでしまうより、何よりRGユニコーンをじっくり楽しみたいという気持ちと記事も納得のいくモノを書きたいという気持ちもあるので、RGユニコーンは次回アップロードします。
TwitterなんかみてるとRGユニコーン組んでいる人が沢山いて本当に楽しそうで、私も早く組みたいです。

今回のHGUCブルーディスティニー1号機”EXAM”は一応昨日発売された新作キットになります。
RGユニコーンも良いのですが、このブルーディスティニーの方も組んでいて楽しかったです。
もしよろしければご覧頂けると嬉しいです。

RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機”EXAM”
外伝の様ですね。
実はあまり知らなくて昔セガサターンというゲーム機で発売されたガンダムシリーズという事は知っていました。

ゲーム版と漫画版とで頭部のデザインが違うようです。
説明書の頭部はゲーム版ですね。

登場アニメ 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
発売日 2017年8月5日
価格(定価) 1728円
グレード HGUC 1/144
組立方法 スミ入れ 簡単フィニッシュ
製作時間 5時間半

 

ランナー数は9枚+ポリキャップ。
シールが2枚付属。

スミ入れしながら約5時間半で完成したので結構早く組み上がると思います。
慣れている人ならもっと早く完成出来そうです。

頭部はゲーム版と漫画版に加えてそれぞれEXAM時のモノに加えて4種類が再現可能。
この中で作れるのは実質2つになります。
ゲーム版と漫画版でそれぞれ1個づつなんですが、バイザーとシールのグリーンとレッドが1機分づつしか付属していないので、
ゲーム版で通常モード1つ漫画版でEXAMモードの2つか、その逆のパターンを選んで組み立てる事になります。

私はゲーム版でEXAMモード、漫画版で通常モードという選択をしました。
この辺りは人それぞれなので自分の好みで選ぶと良いでしょう。

 

HGUC ブルーディスティニー 1号機

こちらの頭部は漫画版の通常モード。

シールよる色分けは胸と脚と腰裏の逆三角形のレッド。
頭部のメインカメラとアンテナの先端の白。

バックパックはグレーで部分塗装すると設定に近くなるでしょう。

脚の左右のバーニアのレッドもシールになります。

可動範囲

ブルーディスティニー1号機はとても良く動きます。
フロントスカートも左右別々に動かせるのが嬉しい。

首も干渉するものがないので自由です。
脇が上のせり上がるので可動域が広い。

腰も左右に曲がるので安心。
デザイン上干渉するパーツが少ないのも可動域が広い理由の1つだと思います。

昇竜拳みたいなポーズも余裕。

武器装備

100マシンガンとシールド。
あと脚にビームサーベルが格納されています。

 

シールドの上部の持ち手の部分はグレーで塗装すると設定に近くなるでしょう。

シールドも腕に差し込めるので外れやすい事はありません。

陸戦型ジムをベースとしている為ガンダムっぽさが薄いように感じます。

100mmマシンガン

両手持ちも脇が開くので余裕です。

 

実弾系のマシンガンというのがまた良いですね。

 

シールド

オーソドックスなシールド。

陸戦型ジム、陸戦型ガンダムと同系のシールド。

 

ビームサーベル

ビームサーベル用のエフェクトは2本付属。

両脚にビームサーベルが仕込まれています。
HGで再現されているのはとても嬉しいですな。

ビームサーベルは拳に差し込むだけですが抜けやすい事はないです。

EXAMモード

購入するまで知らなかったんですがEXAMモードという面白いギミックが仕込まれていました。
頭はそれぞれ差し替えになりますがバイザーが赤になり腕と脚、バックパックがEXAMモードに変わります。

肩のパーツが引き出せます。

EXAMモードで肩が少しだけ厳つくなりました。

差し替えになりますが、上部のカバーを外して

バックパックの上部を差し替えパーツでEXAMシステム発動。

脚のビームサーベルが格納されている部分を外して

ずらして嵌める。

EXAMシステム発動!
ちょっとカッコ良くなったかも。

予想外のギミックでした。

EXAM(エグザム)システム。
対ニュータイプ用のシステムと機器の総称。
発動時にはゴーグルが赤く発光する。

ゲーム版は瞳がマルになってますが漫画版はツインアイになっています。
漫画版をEXAMモードにしても面白いと思います。

アクション

ジオン公国軍のフラナガン機関から亡命したクルスト・モーゼス博士の手動で開発されたMS。
最大の特徴が博士が亡命に持ち出したEXAMシステムを搭載している点にある。
当初は陸戦型ジムをベースに0号機でテストが行われていたが満足なテスト結果が得られず陸戦型ガンダムを改修した1号機が開発された。

EXAMモード

パイロットはユウ・カジマ。
蒼い機体色から「蒼い死神」の異名を持つ。

外伝は日本人のパイロットが多い様な気がしますね。
シン・マツナガとかシロー・アマダとか。
日本のアニメなんだからもっと日本人増やしてもいいと思います。

 

漫画版もあるのはこのキットを購入してから知りました。
ブルーディスティニーは3号機まであるみたいですね。

欲を言えば頭部が4つ付属していてくれたら良かったんですけどね。
コストの問題もあるし、仕方ない事だとは思いますけどね。

1号機は旧キットもある様ですね。
今回のキットはリバイブ版ともいえるモノなんでしょうね。
量産機の雰囲気もありますが、とてもカッコいい機体です。

HGUCブルーディスティニー1号機”EXAM” ここまでです。

まとめ

何と言ってもゲーム版と漫画版の頭部を4種類のうちから好みで選んで組める事が有難いですね。
あとはEXAMモードの展開ギミックが入っていたのが予想外で嬉しかったです。
可動域はとても広く関節の緩さも感じられない良キットです。

原作を知らなくてもカッコいいので楽しめると思います。
私はスミ入れだけで作りましたがパーツ分けがしっかりしているので塗装される方にも塗り易そうだと感じました。

 

次回はRGユニコーンガンダムを予定しています。
完成次第アップロードする予定です。

もう組まれている方も沢山いると思いますが私もこれからRGユニコーンを楽しもうと思います。
それでは次回はRGユニコーンガンダムでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク








4 件のコメント

    • 老眼ですか、確かにRGは部品が小さいのがネックですね。
      私は視力が眼鏡無しで両目とも1.5あるんでRGでもガンガン大丈夫です。
      昔学校の先生に「お前目だけは良いなw」って褒められた事があるくらいです。
      今思えば誉め言葉だったのか微妙ですが(笑)

  • ブルーディスティニー懐かしいですね。
    昔サターンのゲームでよくやったのが良い思いでです。

    アンケートで自分が投票したガンプラが2位になって
    早速レビューしてくれてとても嬉しいです!

    イフリート改と並べて飾りたいところですね。
    次のRGユニコーンも楽しみにしています。

    • 今になってブルーディスティニーが発売されるとは驚きました。
      ブルーディスティニーのサターンのゲームを今の技術でリメイクしたら面白そうですね。
      グラフィックも綺麗になって遊び易くなりそうなので、ガンプラも出た事だし出してもらえないかなとか思ってしまいます。
      でゅかさんブルーディスティニーに投票して下さっていたんですね。ありがとうございます。
      作りがしっかりしているのでブルーディスティニー好きには満足できると思います。
      イフリートも出ていますね、私も気になっているMSです。
      ユニコーンももう少しで出来上がりそうですが、最近のRGの凄さを感じられるキットだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。 ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。