謎の黒いガンダムが登場!その名は HG 局地型ガンダム(北米戦仕様)

スポンサーリンク

昨日の2017年10月7日、HG局地型ガンダム(北米戦仕様)が発売されました。
この謎の黒いガンダムは機動戦士ガンダムオリジン MSD ククルス・ドアンの島というガンダムエースで連載中の物語に登場するガンダムです。

中々ミリタリー色の強いMSで早速組んでみましたがシールの量がかなり多いキットでした。
RGなんじゃないのっていう程多めのシールでシール貼りだけで1時間位かかるという、HGのプラモデルでこんなに沢山シールが付いているキットは初めて組んだので新鮮でした。

9月の新作ガンプラ アップロード投票アンケートでは
HG 局地型ガンダム(北米戦仕様)とHGBF リバーシブルガンダムの2つでのアンケートになり、その結果がこちらになります。

2017年10月新作ガンプラ アップロード投票アンケート

  • HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) (50%, 25 Votes)
  • HGBF 1/144 リバーシブルガンダム (50%, 25 Votes)

Total Voters: 50

読み込み中 ... 読み込み中 ...

まさかの同数票になり、凄くビックリしました。
個人的には局地型ガンダムが1位になるんじゃないかなと思っていたのですが、ビルドファイターズシリーズも結構人気があるという事が分かり、とても参考になりました。
アンケートにご協力頂き誠にありがとうございました。

せっかく同数票だったので1つだけアップする予定でしたが、アンケートに参加して頂いた感謝の意味も込めてHGBF リバーシブルガンダムもアップする事にしましたので、もしよろしければご覧頂けると嬉しく思います。

それでは早速、局地型ガンダム(北米戦仕様)いってみましょう!

黒いガンダムといえば悪者の様な印象を受けててしまいます。
ガンダムMk2ティターンズ仕様、ユニコーン2号機バンシィ等を連想してしまいます。

登場アニメ 機動戦士ガンダムオリジン MSD

ククルス・ドアンの島

発売日 2017年10月08日
価格(定価) 2160円
グレード HG 1/144
組立方法 スミ入れ 簡単フィニッシュ
製作時間 5時間半

ランナー数は10枚に加えてポリキャップ1枚。
シールはツインアイ等のホイルシールとステッカーシールの計2枚付属。

このシールはHGにしては凄く多くて驚きました。
貼っていてRGなんじゃないかと錯覚する程のボリュームです。

 

HG 局地型ガンダム(北米戦仕様)

黒いガンダム、局地型ガンダム(北米戦仕様)の特徴的な部分は多めのマーキングシールの量と赤いバイザーですね。

スポンサーリンク


腰の部分の黄色い連邦のマークはシールになっています。
一応全体にスミ入れしたのですが、色が被っていて殆ど効果が出ませんでした。
組んだ後にグレーの関節部分だけで良かったかなと思いました。

多めのバーニア、見たところ地上戦に特化したMSに見えます。

武骨なガンダムですね。
カラーリングが違うだけで結構、厳ついガンダムになります。
バーニアもグリグリ動きます。

アンテナはプチシャープ化しました。
シャープ化というか余計なポッチをニッパーで切り取った程度なので工作といえるほどの事ではないですけどね。こういうミリタリー色の強いMS、個人的に好きです。

可動域


開脚は180度まではいきませんが満足できる範囲。
腰も左右に動きますがそんなに広くはないかな。
スカートはリヤが固定、フロントは左右同時に動きます。

腕と膝は二重関節構造の為、広めになっています。

股関節は前後に可動軸が仕込まれています。
MGなんかで最近見られる方式です。
緩くはないので安心して動かせます。

武器装備

 

シールドに加えてMS用マシンガン、ビームサーベルが3本。
バックパックにショルダーキャノン。

オリジン版ガンダムのシルエットに近いと思います。

ショルダーキャノンにはMSマシンガンとシールド、ビームサーベルがマウントか可能。




スポンサーリンク




4 件のコメント

  • 渋いカラーリングがいいですね!
    当時初代ガンダムは玩具が売れるようにするため
    渋い色合いの原案からトリコロールに変更を
    余儀なくされた経緯があるようですが
    この時代になってやっと実現出来たように感じます。
    目の部分がバイザーになっているのは知りませんでした。
    ペイルライダーのような感じなんですね。

    • そうだったんですね、そういった理由からトリコロールカラーになったとは、凄い。
      やっぱり、でゅかさんは知識が豊富ですな。
      開発側としては局地型ガンダムの様なカラーをいつか出したかったという気持ちがあったのかもしれないですね。
      赤いバイザーの奥にはしっかりツインアイがありまして、一応両目ともシールが貼られています。
      バイザーがあるのであまり見えないですが、しっかり設計されています。
      ペイルライダーは確かプレバン専用ですよね。
      プレバンは敷居が高いので一度も買ったことがないんですよね。いつかは手を出してみたいとは思っています。
      局地型ガンダムは組み易い構造で作っていて楽しかったです。

  • こんばんは。色を塗らないで、このクオリティーはすごいですね。買う予定はなかったのですが、欲しくなってしまいました。濃い機体には薄いグレーでスミ入れするとカッコよくなりますよ。ペンがないので、現状だとアクリジョンで(水性ホビーカラーよりも臭いませんよ)やるしかありませんけど。以前大河原さんの個展に行った時に書いてあったのですが、サンライズはデザイナーが好きに塗っても起こられない自由な会社なので、リアルタイプカラーのガンダムが生まれたそうですよ。

    • こんばんは、Re-Zさん。
      最近のガンプラは凄いですよね、塗装出来なくても成形色が良い感じなので塗装派から無塗装派まで幅広く楽しめますもんね。
      なるほど、薄いグレーを使うと良いのですね。
      結構細かく黒でスミ入れしたのですが、殆ど無駄になってしまったのでグレーでスミ入れするという情報はとても有難いです。
      いつかチャレンジしてみたいです。
      サンライズはデザイナーの自由度が高いんですね。
      そういう柔軟な発想からカッコいいガンダム達が沢山生まれてくるんですね。
      まだまだこれからも新しいガンダム達が生まれてきそうで今後のガンダムシリーズがホント楽しみです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ししまる

    ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。
    以前アメブロで「しゅう」というハンドルネームで「まったりガンプラ製作日記」というブログを運営していました。この度、心機一転して新しいサイト、ガンプラ プラネットを立ち上げました。

    ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。
    塗装、改修等は出来ないのですが、自分なりに簡単フィニッシュで楽しんでいます。
    老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。